F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ハミルトン鉄壁、メルセデス今シーズン初1-2–2018F1GP第5戦スペインGP決勝

NEWS

ハミルトン鉄壁、メルセデス今シーズン初1-2–2018F1GP第5戦スペインGP決勝

メルセデスが1-2、3位にはフェルスタッペンが入った。

バルセロナのカタルーニャ・サーキットで行なわれた2018F1GP第5戦スペインGPは、スタート直後に多重クラッシュが起きる波瀾の展開だったが、今シーズン初のフロントロー独占グリッドからスタートしたメルセデスがレースをコントロール、ルイス・ハミルトンがF1GP64回目の優勝、バルテリ・ボッタスとともに、今シーズン初の1-2フィニッシュを果たした。

スタート直後に、ロメイン・グロジャン(ハース)が、前方で体勢を崩しかけたチームメイトのケビン・マグヌッセンに反応してスピン、コースに戻ったところに直後にいたニコ・フルケンベルグ(ルノー)が突っ込み、その煽りでさらにスタートで出遅れていたピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)が突っ込んで3台が瞬間的にリタイアを喫した。

スタートでセバスチャン・フェッテル(フェラーリ)がダッシュよく2番手につけたが、タイヤ1回交換のメルセデスに対して2ストップ作戦だったフェッテル+フェラーリは、ピットインの遅れを取り戻すことができずに3位に甘んじた。

キミ・ライコネン(フェラーリ)はエンジンを壊してリタイア、完走14台のサバイバルレースとなった。

好調の週末を進めていたハースのケビン・マグヌッセンが6位、カルロス・サインツ(ルノー)とフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が続いた。

主君はシャルル・ルクレール(ザウバー)。終始入賞圏内を走行し、アゼルバイジャンGPに続いて連続入賞をゲットした。

トロロッソ・ホンダは、12番手グリッドからスタートしたピエール・ガスリーがスタートのアクシデントで消え、ブレンドン・ハートレーはペースが上がらないまま、14番手で完走は果たした。

次の第6戦は、伝統のモナコ。山賊入賞を果たしたシャルル・ルクレールのホーム・グランプリは、5月27日に決勝レースを行なう。

◆2018F1GP第5戦スペインGP決勝
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. フェルスタッペン+レッドブル
4. フェッテル+フェラーリ
5. リカルド+レッドブル
6. マグヌッセン+ハース
7. サインツ+ルノー
8. アロンソ+マクラーレン
9. ペレス+フォースインディア
10. ルクレール+ザウバー
11. ストロール+ウィリアムズ
12. ハートレー+トロロッソ
13. エリクソン+ザウバー
14. シロトキン+ウィリアムズ
—-以下、リタイア
ヴァンドーン+マクラーレン
オコン+フォースインデ
ライコネン+フェラーリ
フルケンベルグ+ルノー
ガスリー+トロロッソ・ホンダ
グロジャン+ハース
※詳細結果

STINGER
Photo by Aston Martin Red Bull Racing

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン383ポイント
2位セバスチャン・フェッテル302ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG620ポイント
2位フェラーリ553ポイント
3位レッドブル392ポイント
more

NEXT RACE

アブダビGP(ヤス・マリーナ)
ヤス・マリーナ・サーキット

開催日
2018/11/23〜11/25
(日本時間)