F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   大混戦の予感–カナダGP初日トピックス

NEWS

大混戦の予感–カナダGP初日トピックス

大西洋を渡って北アメリカに舞台を移したF1GP。第7戦の舞台は、カナダのモントリオール。長いストレートでブレーキに厳しいストレスを与えるノートルダム島のコースでスケジュールが幕を開けた。

初日は、フェルスタッペン+レッドブルが、フリー走行1、2とも最速を記録した。チームメイトのダニエル・リカルドは、ギヤトラブルで午後のフリー走行2の多くをピットガレージで過ごしたが、最後に3番手に上げてセッションを終えた。

センカドランナーも僅差。7番手グロジャン+ハースから15番手のエリクソン+ザウバーまで9台が約0.5秒以内にひしめいた。

フォースインディアの2台が順調な初日をこなして8-9番手、このレースでF1GPの300戦目を迎えたフェルナンド・アロンソは、順調に初日をこなして10番手につけたが、チームメイトのヴァンドーン+マクラーレンは、壁に右サイドをこすって走行時間を失った。

特筆すべきは、シャルル・ルクレール。非力なザウバーで11番手タイムを記録して見せた。

トロロッソ・ホンダは、フリー走行1でピエール・ガスリーが10番手、フリー走行2でブレンダン・ハートレーが12番手タイムを記録したが、フリー走行1でハートレーが、フリー走行2ではピエール・ガスリーが下位に沈む結果になった。

◆2018F1GP第7戦カナダGPフリー走行2結果
1. フェルスタッペン+レッドブル 1分12秒198
2. ライコネン+フェラーリ 1分12秒328
3. リカルド+レッドブル 1分12秒603
4. ハミルトン+メルセデス 1分12秒777
5. フェッテル+フェラーリ 1分12秒985
6. ボッタス+メルセデス 1分13秒061
7. グロジャン+ハース 1分13秒620
8. オコン+フォースインディア 747
9. ペレス+フォースインディア 1分13秒754
10. アロンソ+マクラーレン 1分13秒866
11. ルクレール+ザウバー 1分13秒884
12. ハートレー+トロロッソ・ホンダ 1分13秒889
13. マグヌッセン+ハース 1分13秒956
14. フルケンベルグ+ルノー 1分13秒967
15. エリクソン+ザウバー 1分14秒108
16. ヴァンドーン+マクラーレン 1分14秒167
17. サインツ+ルノー 1分14秒433
18. ガスリー+トロロッソ・ホンダ 1分14秒486
19. ストロール+ウィリアムズ 1分14秒703
20. シロトキン+ウィリアムズ 1分14秒782

【STINGER】
Photo by Aston Martin Red Bull Racing

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン346ポイント
2位セバスチャン・フェッテル276ポイント
3位キミ・ライコネン221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG563ポイント
2位フェラーリ497ポイント
3位レッドブル337ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP(メキシコシティ)
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2018/10/26〜10/28
(日本時間)