F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ドイツGP初日トピックス

2018F1GP第11戦ドイツGPが、2年ぶりのホッケンハイムで始まった。初日は、フリー走行1をダニエル・リカルド、フリー走行2をマックス・フェルスタッペンと、レッドブルが最速タイムを独占したが、それぞれ、2番手との差は0.004秒と0.026秒、いずれもメルセデスのルイス・ハミルトンだったが僅差。さらにフリー走行2でダニエル・リカルドは序盤を走れず、タイムも13番手に沈んで不安を背負っていた。

フリー走行2では、レッドブル、メルセデス、フェラーリの三強が0.3秒ほどの差で並び、やや遅れてセカンドグループは、ハースの2台。ロメイン・グロジャンがここでもスピードを見せた。8番手にザウバーのシャルル・ルクレールがつけて、またもや逸材ぶりを示し、ルノーやフォースインディアの前に出ている。

一方、トロロッソ・ホンダとマクラーレンは厳しい滑り出し。ピエール・ガスリーは、フリー走行1からマシンが奇妙な動きであることを訴えていた。フェルナンド・アロンソは、セッションが始まる前から、「ここは我々には厳しい」と分析していたが、予測通りの初日となった。

◆2018F1GP第11戦ドイツGPフリー走行2結果
1. フェルスタッペン+レッドブル 1分13秒085
2. ハミルトン+メルセデス
3. ボッタス+メルセデス
4. フェッテル+フェラーリ
5. ライコネン+フェラーリ
6. グロジャン+ハース
—-以上、1分13秒台
7. マグヌッセン+ハース
8. ルクレール+ザウバー
9. フルケンベルグ+ルノー
10. オコン+フォースインディア
11. ペレス+フォースインディア
12. サインツ+ルノー
13. リカルド+レッドブル
14. エリクソン+ザウバー
15. ガスリー+トロロッソ
16. ハートレー+トロロッソ
17. アロンソ+マクラーレン
—-以上、1分14秒台、以下、1分15秒台
18. ストロール+ウィリアムズ
19. シロトキン+ウィリアムズ
20. ヴァンドーン+マクラーレン

※フリー走行2詳細結果
※フリー走行1結果

【STINGER】
Photo by PIRELLI

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン112ポイント
2位バルテリ・ボッタス105ポイント
3位マックス・フェルスタッペン66ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG217ポイント
2位フェラーリ121ポイント
3位レッドブル87ポイント
more

NOW RACE

モナコGP
モンテカルロ市街地サーキット

開催日
2019/05/23〜05/26
(日本時間)