F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トロロッソ・ホンダ、実は順調?!

NEWS

トロロッソ・ホンダ、実は順調?!

期待していい?

ドイツGP初日、トロロッソ・ホンダは、フリー走行1で15位と18位、フリー走行2では、15-16番手。思うように走れず、苦労しているように見えていた。

ところが、トロロッソから届いたコメントは、違う展開だったことを現していた。金曜日は、思い思いのプログラムを進めるので、タイム比較は意味がない、とよく言われているが、まさに、ホッケンハイムのトロロッソ・ホンダは、その好例だった?

チーフレースエンジニアのジョナサン・エッドルズのコメントを紹介する。

「1年ぶりのドイツGPとホッケンハイム。帰ってきたのは素晴らしいことだ。ここはいつも非常に暑く、タイヤ選択も簡単ではない。今年も同じ状況だ」

「ホッケンハイムに、いくつかの新しいパーツを持ち込んだ。シャシーとPUの両方のサイドからのパフォーマンスをさらに上げるため、ピエール車でパフォーマンスアップデートを、フリー走行1と2で評価した」
◆新たな進化を期待できるパーツが投入された、ということだ。

「そのパフォーマンスは期待通りだった。 FP1でトラックが汚れ、温度はすでに高く、グリップレベルが低く、ドライバーも車のバランスに満足していなかったため、セッションの大半をドライバーに快適に感じさせるためのバランスを取ることを試した」
◆ガスリーは、フリー走行1で、“クルマが奇妙な動きをする。ストレートではバンプもあってふらつくし、コーナーでは立ち上がりでアンダーが出る”と訴えていたが、それは、新しいパーツを装着したからだ。そしてその調整をトライしていた。

「セッションの終わりに向けて、ブレンドン(ハートレイ)はエアロの組み合わせをトライし、ピエールはソフトタイヤでロングランを試した。我々はFP1で2セットのソフトタイヤを使った数少ないチームの1つだった」
◆要するに、“金曜日のタイムが我々の実力ではない”ということ。

土曜日の展開が楽しみになった。

[STINGER]山口正己
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン250ポイント
2位バルテリ・ボッタス188ポイント
3位マックス・フェルスタッペン181ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG438ポイント
2位フェラーリ288ポイント
3位レッドブル244ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP
スパ-フランコルシャン・サーキット

開催日
2019/08/30〜09/01
(日本時間)