F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トロロッソ・ホンダ陣営、レースに向けてほのかな期待

NEWS

トロロッソ・ホンダ陣営、レースに向けてほのかな期待

トロロッソ・ホンダは、またもや予選で回に沈んだ。二人ともQ1で敗退、18番手と20番手という屈辱的なポジションからスタートする。

それぞれ、金曜日の段階でのロングランのペースが悪くなかったことを予選後にコメントしているが、果たして。

ピエール・ガスリー(予選17位)
「雨が降ることを期待していたけれど、残念ながらそうならなかった。他のチームが改善していて、我々は望みとおりの進歩を遂げていないので、現時点ではかなり難しい。他のチームにつか付くためにに懸命に働く必要がある」

「チームが全力で働いていることを知っているが、それでもまだペースに苦しんでいる。Q2進出は簡単ではないと思っていたが、最終的に1/400秒で逃してしまった」

「でも、レースのペースは競争力があるので、明日のための良い戦略を見つけることができればと思う。あらゆる作戦が可能だ。もちろん、幸運も必要だけれど、可能な限り多くのポジションを上げるために全力を尽くしたい」

ブレンダン・ハートレー(予選18位)
「Q2に進出できなかったことに少しガッカリしている。比較的スムーズなセッションで、最初のラップはOKだったけれど、おそらく2周を走ったほうがトラックが改善していたと思う」

「今日のウルトラソフト・タイヤは、ペースがなかったけれど、ロングランのペースは、中団グループの中で最も速いクルマの1つだったので、かなりいいと思う」

ジョナサン・エッドルズ(チーフレースエンジニア)
「金曜日に確認していた弱点を改善するための変更を計画し、FP3でタイヤの使い方と予選の進め方を決めたかったが、残念ながらFP3は雨になっため、ドライのセットアップ・アイディアを確認することができなかった」

「雨はかなり強かったけど、予選の雨の可能性に備えて、クルマのバランスをチェックすることができた。マシンは正しい方向に向いていると思う。2台とも良いバランスを見つけ、ドライバーは予選を待ち焦がれていたけれど、残念ながら、今日は適切なペースがなかった。タイムシートからも、中団のタイムは非常に拮抗していて、10分の1秒が大きなポジションの違いになった」

「明日のレースは、金曜日に確認したロングランはかなり競争力があり、レースではどのタイヤも管理できていたので、ポジティブにならない理由はない」

「後方からスタートするので、追い越しが必要となり、それが簡単ではないとわかっているけれど、何かが起こる可能性がある。明日に備えて何をする必要があるか、今夜は戦略のすべてを見なければならない」

田辺豊治ホンダF1レーシング・テクニカルディレクター
「明日のレースではドライになるはずで、雨になったフリー走行3の1時間はあまり役に立たなかった。結果は失望しており、できるだけ早くパッケージ全体を改善するために努力する必要がある」

田辺豊治テクニカルディレクターだけは、予選結果だけでなく、全体をにらんだコメントをしているのが印象的。

[STINGER]山口正己
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン338ポイント
2位バルテリ・ボッタス274ポイント
3位シャルル・ルクレール221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG612ポイント
2位フェラーリ433ポイント
3位レッドブル323ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2019/10/26〜10/28
(日本時間)