F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

トロロッソ・ホンダのドイツGP

雲に覆われながら時折り日差しも出て暑さを感じさせるホッケンハイム・リンク。2018F1GP第11戦ドイツGPは、気温26℃、路面温度43℃、降水確率60%のコンディションで決勝レースがスタートした。

予選17番手のピエール・ガスリーはパワーユニット(PU)交換で最後尾からのスタートしたが、交換はトラブルではなく、予選順位を考慮した上で、今後の戦いに向けてPUのスペアを確保する目的の戦略的交換したもの。予選18番手のブレンドン・ハートレーは、ペナルティーによるグリッド降格車が出たことでグリッドが2つ繰り上がり16番手からのスタート。2台ともソフトタイヤでスタートした。

ガスリーは、1周目に18番手にポジションを上げるが、3周目には20番手に後退。前後して、ハートレーは18番手で走行を続けた。

ハートレーは28周を終えてピットイン。雨の予報もあり、ガスリーはタイヤ交換を引き延ばす作戦に出たが、タイヤが厳しくなり15番手まで後退。レースが終盤に向かう40周過ぎ、コースの一部に雨が降り始め、次第に強さを増し、インターミディエイトタイヤに交換するマシンが出始めた。チームは雨が強くなることに賭け、43周目にガスリーはウエットタイヤに交換。しかし、雨が収まり始め作戦は功を奏さず、46周目にウルトラソフトタイヤに交換。ポジションを19番手に落とした。

しかし、その直後から、再び雨が強くなり、52周目には、トップを走行していたマシン(フェッテル+フェラーリ)がコースアウト。セーフティカーが導入されたタイミングで、ハートレーは、終盤の追い上げを狙ってウルトラソフトタイヤに交換。SCの間に、タイヤ交換を行うマシンが相次ぎ、SC先導が終了する57周目には、ハートレーは9番手までポジションを上げ、残り10周は激しい入賞争いが展開した。ハートレーは激しく追い上げてくる後続にパスされ、11番手でチェッカーフラッグを受けたが、前車(サインツ+ルノー)にペナルティー(SC中の追い越し)が科され、10位に繰り上がり、アゼルバイジャンGP以来のポイント獲得。チームにとってもモナコGP以来5戦ぶりのポイントとなった。

雨の混乱などで、一時最後尾まで下がったガスリーは、終盤粘りの走りで14位完走。アゼルバイジャンGP以来の2台完走となった。

(参考:ホンダのリリースより)
【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン112ポイント
2位バルテリ・ボッタス105ポイント
3位マックス・フェルスタッペン66ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG217ポイント
2位フェラーリ121ポイント
3位レッドブル87ポイント
more

NOW RACE

モナコGP
モンテカルロ市街地サーキット

開催日
2019/05/23〜05/26
(日本時間)