F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

フォースインディアの新たな道

新たなスタート。

F1公式サイトのformula1.comは、8月7日、財政難にあえいでいたフォースインディアが、噂どおり、ローレンス・ストロールの共同事業体が買収する形で継続が決まったことを伝えた。

ローレンス・ストロールは、ウィリアムズのドライバーである19歳のランス・ストロールの父親で事業家で、ウィリアムズのシートも、息子に買い与え、今回も、フォースインディアをランスのためのチームに仕立てるための判断と言われている。

とはいえ、チーム代表を務めるオットマー・ザウナウアーは、元HondaF1レーシングで苦労を経験しており、今回も難局を切り抜けることに成功、チームのドライバーであるセルジオ・ペレスも、チーム救済に尽力して400人のチームメンバーの活動が継続することになった。ここで構成された結束力は、意外な力を産むかもしれないが、他方、ストロールの資金が抜けたウィリアムズの行方が気になる。

[STINGER]大和 空/Sora Yamato

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン408ポイント
2位セバスチャン・フェッテル320ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG655ポイント
2位フェラーリ571ポイント
3位レッドブル419ポイント
more
情報なし