F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

改めて、アロンソの凄さ

マクラーレン・ホンダの低迷で、特に日本のファンから嫌われてしまったようなフェルナンド・アロンソ。しかし、ドライバーとしてのポテンシャルは、衰えをみせるどころか、ますます磨きがかかっている。

2001年にミナルディ(現在のトロロッソ)からF1にデビューし、初年度こそ無得点だったが、1年飛ばして2003年にルノーで事実上の“デビュー”を果たして以降のチームメイトと比較すると、怪物ぶりが浮き彫りになる。

2018年は第12戦ハンガリーGP終了時点

表は、アロンソとチームメイトとポイントを比較したものだが、2016年のマクラーレン・ホンダでのジェンソン・バトンを例外として、ことごとく相手を圧倒している。

2007年に1年だけルイス・ハミルトンとマクラーレンでコンビを組んだが、ロン・デニスの肝入りのハミルトンという状況にもかかわらず、同じ4勝を記録。シリーズ・ポイントも同点だった。

こうしてみると、マクラーレン・ホンダのていたらくに、「GP2エンジン!!」と叫びたくもなるのも無理もなかった?

今年も、随所で思わずうなる巧さと冷静さを見せているアロンソ。来年はレッドブルかフェラーリかと話題になっているけれど、タイトルを争えるマシンで闘ってほしい最右翼のスペイン人は、7月29日で37歳。絶頂期を保っているっているうちに、もう一花咲かせてほしい。

[STINGER]大和 空/Sora Yamato
photo by McLaren

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン408ポイント
2位セバスチャン・フェッテル320ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG655ポイント
2位フェラーリ571ポイント
3位レッドブル419ポイント
more
情報なし