F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   メルセデス、安定狙いのタイヤ選択。フェラーリとは真逆!!

NEWS

メルセデス、安定狙いのタイヤ選択。フェラーリとは真逆!!

シンガポールで、13種類供給されるタイヤをどう選択するかでチームの置かれた状況が見えてくるかもしれない。

7戦を残している現在、2018F1GPのチャンピオンを、ハミルトン+メルセデスとフェッテル+フェラーリが争っているが、イタリアGPを仕留めたハミルトン+メルセデスが優位にいる。これに対してフェッテル+フェラーリが、残り7戦で逆転するためには、攻めのレースをしなければならない。この2チームの置かれたポジションが、タイヤの選び方に如実に現れている。

メルセデスは実にコンサバティブ。冒険を避け、安定思考で、ソフト3セット、スーパーソフト4セット、ハイパーソフト6セットを選択。フェラーリは、一番硬いソフトを1セットだけとし、最も柔らかいハイパーソフトを9種類選んでいる。メルセデスのコンサバティブに対して、若干エキセントリックな危ない選択ともいえる。当たればいいが、何かで状況が変化すると、レースを失う可能性がある。しかし、攻めの姿勢やよし。レースはいまから面白くなる予感にあふれている。

フェラーリと同じように、攻めの姿勢を見せているのがトロロッソ・ホンダだ。ソフト1セットのみ、ウルトラソフト4セットにハイパーソフト8セット。フェラーリほどエキセントリックではないが、積極的なレースを想定しているのは、このコースがトロロッソ・ホンダ向きであることをチームが認識しているからだろう。

週間天気予報によると、週末の金曜日と土曜日のシンガポールは雨が報じられている。もともと、シンガポールの夜に雨が降ることはごく稀だが、昼間に降ったとしても、コース路面の水はけが悪く乾かない状況が長時間続くことで、雨がコースに残る面倒なコンディションが予測される。

そうなったときには、柔らかめのタイヤの方が有利になる。フェラーリはそう読んでいるのかもしれない。いずれ、公道コースの路面のグリップは高くない。少なくともタイヤの選び方からすると、フェラーリが有利にレースを展開しそうだ。同じく、トロロッソ・ホンダの思惑も同じ方向にありそうだが、果たして週末の展開はどうなるのだろうか。

[STINGER]大和 空/Sora Yamato
photo by PIRELLI

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン281ポイント
2位セバスチャン・フェッテル241ポイント
3位キミ・ライコネン174ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG452ポイント
2位フェラーリ415ポイント
3位レッドブル274ポイント
more

NEXT RACE

ロシアGP(ソチ)
ソチ・アウトドロモ

開催日
2018/09/28〜09/30
(日本時間)