F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ハミルトン、完璧なレース–30回目の鈴鹿F1日本GP決勝

NEWS

ハミルトン、完璧なレース–30回目の鈴鹿F1日本GP決勝

気温29度と真夏のような気候の中で、10月7日に鈴鹿サーキットで行なわれた30回目の日本グランプリは、週末を通じてトップに君臨したメルセデスのルイス・ハミルトンが、シーズン9勝目、F1通算71勝目を飾った。

この勝利でルイス・ハミルトンは、シリーズポイントを331に伸ばし、ライバルのセバスチャン・フェッテルとの差を67とし、次のアメリカGPでハミルトンが優勝し、セバスチャン・フェッテルが2位に入れなければタイトルが決まることになった。

セバスチャン・フェッテルは、予選を心配して8番手からのスタートだったが、ダッシュを決め、1コーナーで6位、さらにシケインでライコネン+フェラーリとフェルスタッペン+レッドブルが接触した混乱の中で4位で1周目を終え、追い上げが期待された。しかし、3番手のフェルスタッペン+レッドブルに襲いかかったスプーンコーナーで接触、スピンして最後尾まで落ち、その後、追い上げたが、6位でチェッカードフラッグを受けた。

しかし、最終ラップ、フェッテル+フェラーリはそれまでルイス・ハミルトンのものだったファステストラップを塗り替え、ギリギリでハミルトン+メルセデスの、ポールポジション/優勝/ファステストラップのグランドスラムを阻止して意地を見せた。

スペック3の新パワーユニットを投入し、予選で6番手と7番手を得て期待されたトロロッソ・ホンダは、ダウンフォース不足からか、ピエール・ガスリーは中盤のタイムが振るわず、タイヤ交換を終えた段階で10位でコースに戻ったが、最終ラップて10位をサインツ+ルノーに譲って11番手、ブレンダン・ハートレーは13番手でレースを終えた。

次の第18戦は2週間後のアメリカGP。10月21日に決勝レースを迎える。

◆2018F1GP第17戦日本GP結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. フェルスタッペン+レッドブル
4. リカルド+レッドブル
5. ライコネン+フェラーリ
6. フェッテル+フェラーリ
7. ペレス+フォースインディア
8. グロジャン+ハース
9. オコン+フォースインディア
10. サインツ+ルノー
11. ガスリー+トロロッソ
12. エリクソン+ザウバー
13. ハートレー+トロロッソ
14. アロンソ+マクラーレン
15. ヴァンドーン+マクラーレン
16. シロトキン+ウィリアムズ
17. ストロール+ウィリアムズ
—-以下、リタイア
ルクレール+ザウバー
フルケンベルグ+ルノー
マグヌッセン+ハース

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン408ポイント
2位セバスチャン・フェッテル320ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG655ポイント
2位フェラーリ571ポイント
3位レッドブル419ポイント
more
情報なし