F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   エンジニアのステラが語るアロンソの能力

NEWS

エンジニアのステラが語るアロンソの能力

「アロンソは別次元」とステラ・エンジニア。

2012年にフェルナンド・アロンソがフェラーリ入りしてから、レースエンジニアとしてアロンソとコンビを組んできたアンドレ・ステラ・エンジニアは、アロンソがいかに優れているかをBBCに語った。

「F1の運転は、バイオリンを弾くのと同じです」とステラ。どちらも、素人とプロの間には大きなちがいがあるのは当然だが、これほどF1ドライバーの技量をうまく捉えた表現はないかもしれない。バイオリニストとして、アロンソは卓越している、とステラは言う。

ミハエル・シューマッハとの比較も面白い。ステラは、アロンソの前にシューマッハのエンジニアとして付き合ってきた。

「シューマッハは限界を越え、アロンソは下から限界に近づく」とステラは表現した。オーバーステアの傾向を好んだシューマッハのリヤタイヤのコントロール能力は筆舌に尽くしがたいハイレベルであるとしながら、「それがリスクとなることもある」と言う。限界を越えてしまうことをどうやってシューマッハに伝えるか苦労したのだという。

しかし、アロンソの場合、そうした心配が一切なかった。ドライバーの能力を、円グラフで表現すると、アロンソはほぼ真円になり、シューマッハは星型になるという。シューマッハは、人間離れして極めて鋭い力を持っているけれど、弱点もある、ということだ。ステラはアロンソの方が上と評価している。

さらにアロンソは、限界を越えない範囲を守りながらもズバ抜けた走りもできた。ステラが最も印象的なレースとして挙げたのは2012年、フェラーリに初めて乗ったとしのドイツGPの雨の予選だった。レッドブルが圧倒的な強さを見せていたが、フェッテルタスレッドブルも、アロンソの集中した一発には歯が立たなかった。

フェラーリ時代にアロンソの間近にいた浜島裕英エンジニアは、ブリヂストン時代にかいま見たシューマッハの凄さを、「慣熟走行がなく瞬間的にフルテンションのグランプリモードの走りができるし、フィードバックが非常に的確」と絶賛していたが、アロンソとつきあい始めて、「アロンソの方が上かもしれない」とコメントした。

アロンソは、マシンの情況を的確に感知する能力に長けていたが、それは周辺情況の認識力も高いことにも通じる。F1に無理してしがみつくのではなく、インディカーに向かうのは、単にトリプルクラウンのためというだけでなく、無理をしない姿勢の成せる技なのかもしれない。

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン162ポイント
2位バルテリ・ボッタス133ポイント
3位セバスチャン・フェッテル100ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG295ポイント
2位フェラーリ172ポイント
3位レッドブル124ポイント
more

NEXT RACE

フランスGP
サーキット・ポール・リカール

開催日
2019/06/21〜06/23
(日本時間)