F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   安定がレッドブル・ホンダ好成績の要–その2

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

安定がレッドブル・ホンダ好成績の要–その2

 

その1からつづく)

 

2018年シーズン、メルセデス/フェラーリ/レッドブルは“三強”と呼ばれ、トップ6は、特別なことがない限りこの3チーム6人の指定席だった。だが、ルイス・ハミルトン、セバスチャン・フェッテル、マックス・フェルスタッペンの3人に限っても、完走率に大きな差があった。

ハミルトンは、トップ6に入れなかったレースが1回だけ、フェッテルが2回だけだったのに対して、フェルスタッペン+レッドブルは5レース。これには、アゼルバイジャンの“レッドブル同士討ち”や、他車との接触も含まれているが、フェルスタンペンは2016年には“成長”するはずで、となると、レッドブル・ホンダの問題はマシントラブルを回避することになる。

ただし、レッドブルのチームメイトだったダニエル・リカルドも、21戦中8戦でリタイアを喫しているが、そのうち、少なくとも3回はパワーユニットのトラブルが原因だった。

要するに、“三強”は、正確にいけば“二強+レッドブル”というのがここまでの勢力図だった。パワーユニットがホンダに変わることで、リタイアの可能性は格段に減るはずで、レッドブル・ホンダがめでたく三強入りすることが期待されている。

(その3につづく)

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER