F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

マクラーレンまたまた新人事

本人は、「伝統的なチームの建て直しにワクワクしている」と語っているが、ワクワクするには状態が悪すぎる?!

マクラーレンがまたもや新人事を発表した。F1のチームリーダーの座に、ポルシェ919Hybridを走らせ、トヨタを打ち破って世界チャンピオン獲得を指揮したアンドレアス・セイドルを着任させた。実績から期待できそうに見える。

しかし、去年、エリック・ブーリエをレースディレクターから引き釣り降ろして解雇して(ブーリエから辞表が出たとマクラーレンは公表しているが、誰も信じていない)から半年、“またか”という声も聞こえ、この采配も、吉とでる可能性はそう高いといえそうにない。理由は二つある。

まず、F1とセイドルが活躍したWECの違い。WECも簡単なレースではないが、F1は耐久レースではなく、クォリティはF1がはるかに上だということだ。WECに勝つのも簡単ではないが、F1は動いている金のレベルが一桁上で、闘いのクォリティは別物といっていい。WECでよければF1でも、というのは、誤った認識だ。

そして、もうひとつは、個々のパーツを変えたからと言って、チームが強くなるほどF1は甘くない、ということ。むしろ、あちこちをちょこちょこ換えることで、チームの結束力は高まるどころか緩んでしまうだけだ。

その辺りに気付いているチームメンバーは当然少なくないはずで、結果として一枚岩が必須のチームはまとまらず、巨大なテクノロジーセンターは、宝の持ち腐れ状態が続いていくことになる。そう言わざるを得ない。

人事でひとつだけ効果があるといえそうなのは、ザック・ブラウンの交代くらいだ、というヒソヒソヒ話も聞こえているが、マクラーレンがトップグループに復帰するのは、まだまだ先の話であることは間違いなさそうだ。

[STINGER]山口正己
Photo by McLaren

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン162ポイント
2位バルテリ・ボッタス133ポイント
3位セバスチャン・フェッテル100ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG295ポイント
2位フェラーリ172ポイント
3位レッドブル124ポイント
more

NEXT RACE

フランスGP
サーキット・ポール・リカール

開催日
2019/06/21〜06/23
(日本時間)