F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   【?DOCCI?】–応援するのはどっち? 前を走るのは、ホンダかマクラーレンか?

NEWS

【?DOCCI?】–応援するのはどっち? 前を走るのは、ホンダかマクラーレンか?

パワーユニットサプライヤーのホンダとコンストラクターのマクラーレンを比較するのもおかしな話だが、2017年まで、マクラーレンがやっきになって作り上げた“遺恨”から、日本のファンの脳内には、“ホンダvsマクラーレン”という図式か出来上がっている?!

2018年は、結果から観れば、マクラーレン・ルノーはシリーズ6位、トロロッソ・ホンダは9位と、マクラーレンに軍配が上がったのだが、イメージは完敗したようには見えない。それは、三つの理由による。

ひとつは、最上位がバーレーンのピエール・ガスリーの4位でトロロッソ・ホンダの方が上であること。二つ目は、マクラーレンのポイントのほとんどがフェルナンド・アロンソが稼いだもので、ドライバーの力によるところ大であること。

そして、2017年の“離婚前”のマクラーレン陣営の悪口憎音の連発。まるで離婚相手を責めているかのように、ザック・ブラウンからレースディレクターのエリック・ブーリエ、そしてフェルナンド・アロンソまでがホンダへの責任転嫁口撃を繰り返しただけでなく「ルノーに換わればトップクラスだ」と大風呂敷を広げ、それが実現しなかったからだ。

対するホンダ陣営は、悪口は一切言わずじっと堪えていた。結果として大言壮語のマクラーレンは、最高位が5位。科目に4位を奪ったトロロッソ・ホンダに比べて、余計なことを言ったことで自らのイメージを低くすることになった。

さて、2019年は、『マクラーレン・ルノー』vs『レッドブル・ホンダ+トロロッソ・ホンダ』ということになる。勝負はホンダ優位に見えるが、果たして、どんな結果になるのか。両陣営とも、本来ならトップ争いで決着を着けたいところだが、まずはメルセデスとフェラーリの次に来るのはどちらなのか。2月18日から始まるテストの結果が待たれる。

[STINGER]山口正己
photo by TOROROSSO & McLaren

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン250ポイント
2位バルテリ・ボッタス188ポイント
3位マックス・フェルスタッペン181ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG438ポイント
2位フェラーリ288ポイント
3位レッドブル244ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP
スパ-フランコルシャン・サーキット

開催日
2019/08/30〜09/01
(日本時間)