F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ミナルディからトロロッソ、スチュワートからレッドブル?!

NEWS

ミナルディからトロロッソ、スチュワートからレッドブル?!

 アルファロメオに名称変更したザウバーを含めて、2019年のF1GPには、昨年と同じ10チームが参戦する。今年も、メルセデスが主導権を握り、フェラーリが追う形になるのだろうか。

そして、ホンダのパワーユニットを積むレッドブルがどう絡んでくるのだろうか、さらに、他の7チームがどんなマシンを用意していくるのだろうか、興味は尽きないが、ここで、チームの歴史を振り返っておきたい。

まず、チャンピオン・チームのメルセデスは、元ホンダだったことは知られたところだ。ホンダが手を引いたことで、100億円をかけたと言われるブラックリーのファクトリーは、たったの1ポンドでロス・ブロウン率いるブロウンGPの手に渡り、ホンダ撤退の翌年にチャンピオン・チームになった。

そのブロウンは、挑戦初年度にいきなりタイトルを取ると、その年の11月にメルセデスに権利を譲渡してメルセデスGPが誕生した。さらに歴史をさかのぼると、ホンダの前はBAR(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)というたばこメーカーのチームでありた、さらにその前は、ティレルだった。6輪車でお馴染みのあのチームだ。

 

一方のフェラーリは、F1が現在の形になった1950年からF1GPに参戦し、スクーデリア・フェラーリF1(英語でフェラーリF1チーム)という名を一度も換えずに今年を迎えているが、2019年に参戦する10チームのうち、名称が変わっていないのは、フェラーリの他にマクラーレンとウィリアムズ、そして、2016年に登場したハースだけ。他のチームは、オーナーが替わったり、ビジネス的に売りに出されたりして、名前や体制を換えて2019年を迎えている。

10チームの遍歴を眺めていると、いろいろな思い出が蘇ってくる。

[STINGER]大和 空/Sora Yamato

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン187ポイント
2位バルテリ・ボッタス151ポイント
3位セバスチャン・フェッテル111ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG338ポイント
2位フェラーリ198ポイント
3位レッドブル137ポイント
more

NEXT RACE

オーストリアGP
レッドブルリンク

開催日
2019/06/28〜06/30
(日本時間)