F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   1966ブラバム、2009ブロウン、2019トロロッソ?!

NEWS

1966ブラバム、2009ブロウン、2019トロロッソ?!

50年前から、規則が変わったときにはコンベンショナルなマシンが強いことが証明されていた。ジャック・ブラバムとチャンピオンマシンのブラバム。

トロロッソ・ホンダが好調なテストを終え、開幕戦に期待が集まっている。formulaone.comは、合同テストでのランキングを予測し、10チームの力関係を以下のように発表した。

1. フェラーリ
2. メルセデス
3. ルノー
4. レッドブル
5. ハース
6. トロロッソ
7. アルファロメオ
8. マクラーレン
9. レーシング・ポイント
10. ウィリアムズ

大方の想像は同じところに落ち着きそうだが、【STINGER】のトロロッソ・ホンダへの期待値はもう少し上になる。理由は、目標設定と完成度の高さだ。

10チーム中の6位ということは、各チーム2台ずつなので、予選でQ3に進出できないことになるが、トロロッソ・ホンダはQ3入りが期待できる。特に、安定性の高いアレキサンダー・アルボンに注目で、そうなると、先輩のダニール・クビアトも集中力にムチが入りそうだ。

歴史的に、同じようなことが何度か起きている。新しいところでは2009年のブロウンGP、もうひとつは、1966年のブラバムだ。

1966年は、1500ccから3000ccに以降した初年度に、競争力が明らかに劣るけれど熟成済みの2500ccクライマックス・エンジンを使ったことが、ブラバムのタイトルの決め手になった。

同じことが起きるほどF1は甘くないけれど、コンベンショナルなマシンが、シーズン序盤に力を見せるのは、間違いないところだ。

あとは、トロロッソが、そうしたポジションに緊張してミスをしないこと。もちろん、兄貴分のレッドブルは、フェラーリに続いて、セカンドローを争う力を期待しつつ、開幕戦を待ちたい。

[STINGER]山口正己
photo by formula.one

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン250ポイント
2位バルテリ・ボッタス188ポイント
3位マックス・フェルスタッペン181ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG438ポイント
2位フェラーリ288ポイント
3位レッドブル244ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP

開催日
2019/08/30〜09/01
(日本時間)