F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

2019F1GPは大変革が待っている!?

レッドブル・ホンダのガスリー始め、移籍組も話題満載。

今週末にオーストラリアのメルボルンで開幕するF1GPは、ドライバーを中心とするチーム編成が大きく変化している。

まず、メルボルンでデビューする新人は、以下の4人。

◆ジョージ・ラッセル(ウィリアムズでデビュー)
◆アレキサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダでデビュー)
◆ランド・ノリス(マクラーレンでデビュー)
◆アントニオ・ジオヴィナッツィ(アルファロメオでデビュー)

2019にチームを移籍する新スタート組は5人。
◆シャルル・ルクレール(ザウバー→フェラーリ)
◆ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ→レッドブル・ホンダ)
◆ダニエル・リカルド(レッドブル→ルノー)
◆キミ・ライコネン(フェラーリ→アルファロメオ)
◆カルロス・サインツ(ルノー→マクラーレン)

さらに、F1復帰組が二人。
◆ロベルト・クビツァ(ウィリアムズで復帰)
◆ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダで復帰)

つまり、20人のうち半分以上の11人が新天地で闘いを開始するということになる。ドライバーの陣容が変わらないのは、メルセデス、ハース、レーシングポイントだけ。このうちレーシングポイントは、フォースインディアから名称も変わり体制が変化しているので、メルセデスとハースだけが2018年と同じ体制で2019年をスタートする、という視点も成立する。つまり、それ以外は混沌の状況で開幕を迎える、ということだ。

メルセデス、フェラーリ、レッドブルの三強の中で、レッドブルだけがパワーユニットをルノーからホンダに換えていることにも注目だ。体制をいかに短時間で整えるか。ドライバーやパワーユニットの変更が、勢力図にどう影響するのか。今週末の注目点ひとつとして眺めておきたい。

[STINGER]山口正己
photo by MERCEDES

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン112ポイント
2位バルテリ・ボッタス105ポイント
3位マックス・フェルスタッペン66ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG217ポイント
2位フェラーリ121ポイント
3位レッドブル87ポイント
more

NEXT RACE

モナコGP
モンテカルロ市街地サーキット

開催日
2019/05/23〜05/26
(日本時間)