F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ◆ライブタイムメモ/race/1740/開幕戦 オーストラリアGP

NEWS

◆ライブタイムメモ/race/1740/開幕戦 オーストラリアGP

 

<17時05分>
1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
4. フェッテル+フェラーリ
5. ルクレール+フェラーリ
6. ガスリー+レッドブル・ホンダ
7. マグヌッセン+ハース
8. フルケンベルグ+ルノー
9. ライコネン+アルファロメオ
10. ストロール+Rポイント
11. クビアト+トロロッソ・ホンダ
12. ノリス+マクラーレン
13. ペレス+レーシングポイント
14. アルボン+トロロッソ・ホンダ
15. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. クビアト+トロロッソ・ホンダ
—-以下、リタイア
18. グロジャン+ハース
19. リカルド+ルノー
20. サインツ+マクラーレン

<17時08分>
クビアト+トロロッソ・ホンダがストロール+Rポイントを交わし損ねてコースオフ。

<17時09分>
ガスリー+レッドブル・ホンダがピットイン。ソフトタイヤへ。

ガスリー+レッドブル・ホンダは、クビアト+トロロッソ・ホンダの前でレースに戻ったが、タイヤが温まる前なのでクビアト+トロロッソ・ホンダに10番手を譲った。

<17時13分>
タイヤが温まったガスリー+レッドブル・ホンダがクビアト+トロロッソ・ホンダのは以後に来た。

<17時14分>
ボッタス+メルセデスがファステストラップ。

<17時19分>
58周レースの46周目。
2位のハミルトン+メルセデスと3位のフェルスタッペン+レッドブル・ホンダの差は1.4秒。そろそろハミルトン+メルセデスのタイヤが辛くなる頃か?

<17時23分>
トップ6のうち4番手のフェッテル+フェラーリのみ1分28秒台。他は1分27秒台。

<17時24分>
ガスリー+レッドブル・ホンダは未だにクビアト+トロロッソ・ホンダを抜けずに11番手のまま。

<17時25分>
フェルスタッペン+レッドブル・ホンダがコースをはみ出した。

<17時32分>
そろそろフェルスタッペン+レッドブル・ホンダがハミルトン+メルセデスに攻撃を開始するか。現在二人の差は2秒+。2セクター区間ベスト。

<17時33分>
フェルスタッペン+レッドブル・ホンダがファステストラップを塗り替えた。

ボッタス+メルセデスは、チームがリスクを負わない、という意見に対して、「26点(優勝+ファステストラップ)を取ろうよ」とコメントしている。

<17時35分>
フェルスタッペン+レッドブル・ホンダがハミルトン+メルセデスのDRS圏内に入った。残り3周。

☆☆
ハミルトン+メルセデスの前には周回遅れがいる。

<17時37分>
ガスリー+レッドブル・ホンダはクビアト+トロロッソ・ホンダの背後で苦労している。

<17時37分>
ボッタス+メルセデスがファステストラップを取り返した。

<17時39分>
ボッタス+メルセデス文句なしの4勝目で26ポイント獲得!!
ハミルトン+メルセデス逃げきり2位。
フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ、表彰台獲得。
ホンダ、82戦ぶりの表彰台。

面白い2019年が期待できる幕開けだった。

ボッタスは、「いままでで最高のレースだった」とレースを振り返った。

※決勝結果

【STINGER】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン112ポイント
2位バルテリ・ボッタス105ポイント
3位マックス・フェルスタッペン66ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG217ポイント
2位フェラーリ121ポイント
3位レッドブル87ポイント
more

NOW RACE

モナコGP
モンテカルロ市街地サーキット

開催日
2019/05/23〜05/26
(日本時間)