F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ◆ライブタイムメモ決勝序盤2019F1GP第2戦/バーレーンGP

NEWS

◆ライブタイムメモ決勝序盤2019F1GP第2戦/バーレーンGP

<18時13分>(日本時間翌4月1日00時13分)
スタート!!
新たな伝説に向けて、ドラマが始まった。

フェッテル+フェラーリがスタートを決めた。1コーナーでは、フェッテル+フェラーリ、ルクレール+フェラーリ、ボッタス+メルセデスの順。

ルクレール+フェラーリがボッタス+メルセデスに抜かれた。冷静な男も、さすがに冷静ではいられなかったか。

<18時15分>
ルクレール+フェラーリがボッタス+メルセデスを抜き返した。ハミルトン+メルセデスがボッタス+メルセデスに襲いかかった。

ストロール+Rポイントがピットインしてノーズを交換。
2周目。
1. フェッテル+フェラーリ
2. ルクレール+フェラーリ
3. ハミルトン+メルセデス
4. ボッタス+メルセデス
5. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
6. サインツ+マクラーレン
7. マグヌッセン+ハース
8. ライコネン+アルファロメオ
9. ダニエル・リカルド+ルノー
10. ペレス+レーシングポイント
11. フルケンベルグ+ルノー
12. ガスリー+レッドブル・ホンダ
13. ノリス+マクラーレン
14. アルボン+トロロッソ・ホンダ
15. クビアト+トロロッソ・ホンダ
16. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
17. クビツァ+ウィリアムズ
18. ラッセル+ウィリアムズ
19. ストロール+Rポイント
20. グロジャン+ハース

<18時21分>
5周目。ルクレール+フェラーリが前に出た。が、今度はフェッテル+フェラーリがDRSを使える。

☆☆
サインツ+マクラーレンとフェルスタッペン+レッドブル・ホンダがスタート直後の混乱の中で接触した。この後、審議対象になったが、結局お咎めなしの裁定。

<18時25分>
57周レースの7周目。
サインツ+マクラーレンがファステストラップ。

ライコネン+アルファロメオのチームラジオ。“フロントウィングはどう?”、「そっちで判断してよ!!」。

<18時27分>
ソフトタイヤでスタートしている上位陣はそろそろタイヤ
交換したいが、今入ると後続集団の後ろについてしまうことになり、ここは踏ん張りどころ。

<18時29分>
10周目。
ライコネン+アルファロメオ、ガスリー+レッドブル・ホンダ、アルボン+トロロッソ・ホンダがピットイン。

<18時30分>
アルボン+トロロッソ・ホンダがガスリー+レッドブル・ホンダの前に出た。

フェルスタッペン+レッドブル・ホンダがピットイン。

12周目
1. ルクレール+フェラーリ
2. フェッテル+フェラーリ
3. ハミルトン+メルセデス
4. ボッタス+メルセデス
5. リカルド+ルノー
6. フルケンベルグ+ルノー
7. クビアト+トロロッソ・ホンダ
8. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
9. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
10. ライコネン+アルファロメオ
11. ペレス+レーシングポイント
12. ラッセル+ウィリアムズ
13. ノリス+マクラーレン
14. マグヌッセン+ハース
15. ガスリー+レッドブル・ホンダ
16. クビツァ+ウィリアムズ
17. アルボン+トロロッソ・ホンダ
18. ストロール+Rポイント
19. グロジャン+ハース
20. サインツ+マクラーレン

クビアト+トロロッソ・ホンダがライコネンにパスされてスピン。

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン112ポイント
2位バルテリ・ボッタス105ポイント
3位マックス・フェルスタッペン66ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG217ポイント
2位フェラーリ121ポイント
3位レッドブル87ポイント
more

NOW RACE

モナコGP
モンテカルロ市街地サーキット

開催日
2019/05/23〜05/26
(日本時間)