F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   歴史は巡る–復活するオランダGPが鈴鹿に似ている理由

NEWS

歴史は巡る–復活するオランダGPが鈴鹿に似ている理由

どことなく鈴鹿のようなザンドボールド・サーキット。

2020年にオランダGPが復活する。当然、ご当地ドライバーのマックス・フェルスタッペンの大活躍が引き金だが、日本との深い関係もある。

会場となるザンドボールド・サーキットは、鈴鹿サーキットをデザインしたジョン・フーゲンホルツが支配人を務めていたサーキット。空撮写真をみると、どことなく鈴鹿に似ているのはそのためか。

▲逆バンク側から見た鈴鹿と見紛う。

▲こちらは、デグナー・コーナー風?!

フーゲンホルツは当時の日本にとっては、現在のヘルマン・ティルケのような存在だった。オランダ出身で、地元のコースを手がけていることを鈴鹿サーキットを計画中にヨーロッパの主要サーキットを徹底的に視察していた本田技研のスタッフが探り当ててデザインを発注した。

さらに、ホンダF1が1964年8月のドイツGPでデビューに向けてヨーロッパに空輸され、最初に走った本場のコースがここ、ザンドボールド・サーキットだった。ホンダF1が初めて参加したオランダGPは、1965年7月18日の第6戦だった。

ホンダF1が初めて走った1965オランダGP。グラハム・ヒル、ジム・クラークに次いで、白いホンダのリッチ・キンサーが予選3番手!!

マックス・フェルスタッペンは、言わずと知れたホンダを搭載するレッドブル・ホンダのドライバー。歴史は巡り、どこかでつながる。

[STINGER]山口正己
photo by Honda / Formulaone.com

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン250ポイント
2位バルテリ・ボッタス188ポイント
3位マックス・フェルスタッペン181ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG438ポイント
2位フェラーリ288ポイント
3位レッドブル244ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP
スパ-フランコルシャン・サーキット

開催日
2019/08/30〜09/01
(日本時間)