F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   フェラーリ、5秒ペナルティへの控訴の意志なし

NEWS

フェラーリ、5秒ペナルティへの控訴の意志なし

カナダGPでセバスチャン・フェッテルに与えられた5秒ペナルティに対して、控訴の期限切れを前に、スクーデリア・フェラーリとして控訴する意志がないことを、マティア・ビノット代表が発表した。

以下、FIAから、ペナルティについて提出されていたリリース全文。

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

No / Driver: 5 – Sebastian Vettel
Competitor: Scuderia Ferrari
Time: 15:13
Session: Race
カーナンバー/ドライバー:5- セバスチャン・フェッテル
対象相手:フェラーリ・チーム
時間:15時13分
区分:レース

Fact: Car 5 left the track, re-joined unsafely and forced another car off track.
申し立て:カーナンバー5はコースを外れ、合流が安全ではなく、他の車両をコースから追い出す影響を与えた。

Offence: Involved in an incident as defined by Article 38.1 of the FIA Formula One Sporting Regulations.
オフェンス:FIA F1スポーツ規則の第38項1条に定義されている事項に該当する。

Decision: 5 second time penalty (2 point awarded, 7 points in total for the 12 month period).
決定:5秒加算(2ポイント判定、12か月間期限の合計7ポイント)

Reason: The stewards reviewed video evidence and determined that Car 5, left the track at turn 3, rejoined the track at turn 4 in an unsafe manner and forced car 44 off track. Car 44 had to take evasive action to avoid a collision.
理由:スチュワードは、カーナンバー5がターン3でコースを離れ、ターン4で安全ではない方法でコースに戻り、カーナンバー44をコースから追い出す影響を与えた決定的証拠となるビデオを観察した。カーナンバー44は、衝突を避けるために回避行動を行なった。

Competitors are reminded that they have the right to appeal certain decisions of the Stewards, in accordance with Article 15 of the FIA International Sporting Code and Article 9.1.1 of the FIA Judicial and Disciplinary Rules, within the applicable time limits.
対象相手(スクーデリア・フェラーリ)は、スチュワードの決定に対して、制限期間内に、FIA国際スポーツ競技規則の第15条およびFIAの第9.1.1条司法および懲戒規則に従って上訴する権利をもつ。

この結果、セバスチャン・フェッテルの5秒加算と、カナダGPの2位が決定した。

[STINGER]大和 空/Sora Yamato
photo by FERRARI

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン162ポイント
2位バルテリ・ボッタス133ポイント
3位セバスチャン・フェッテル100ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG295ポイント
2位フェラーリ172ポイント
3位レッドブル124ポイント
more

NEXT RACE

フランスGP
サーキット・ポール・リカール

開催日
2019/06/21〜06/23
(日本時間)