F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   シルバーストンといえば、“タイヤバースト事件”

NEWS

シルバーストンといえば、“タイヤバースト事件”

F1GP第10戦イギリスGPは、今年も、高速シルバーストンが舞台。そこで思い出すのは、2013年のイギリスGP。5台のタイヤがバーストした。

トップを走行していたルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が7周目、フェリペ・マッサッ(フェラーリ)が9周、ジャン-エリック・ヴェルニュ(トロロッソ)35周目、セルジオ・ペレス(マクラーレン)が46周目と、4名のドライバーのタイヤに問題が発生した。バーストしたのは総て左後輪だった。

右回りの高速シルバーストンでストレスがかかった? しかし、驚くべき“事実”が発覚する。多くのチームが、タイヤの回転方向を逆にして使っていたというのだ!!

タイヤを指定と逆方向に使うという、“そこまでやるか”というF1 Qualityに対するSTINGERの分析はこちら。
◆タイヤバースト事件が気になる-その1:回転方向とタイヤ性能

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし