F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ホンダのイギリスGP

1983年のスピリット・ホンダ。破竹の第二期の前段階。

今週末はイギリスGP。超高速のシルバーストンが舞台になる。

ホンダが初めてシルバーストンを走ったのは1965年。リッチ・ギンサーのRA272が、甲高いV12のホンダ・ミュージックを響かせて予選3番手となったが、レースはリタイアした。ホンダF1デビューの1964年は、予定が遅れ、当初のデビュー予定だったイギリスGPに間に合わず、次のドイツGPがデビューの舞台となった。

1983年から始まる第二期ホンダF1時代は、チャンピオンエンジンとして君臨する前段階に、スピリットというホンダ出資のチームにV6ターボを搭載し、7月16日の第9戦のシルバーストンがデビューの場となった。

そして、ホンダとイギリスGPといえば、1987年の上位独占が印象深い。ナイジェル・マンセル(ウィリアムズ・ホンダ)/ネルソン・ピケ(ウィリアムズ・ホンダ)/アイルトン・セナ(ロータス・ホンダ)/中嶋悟(ロータス・ホンダ)が1-2-3-4でチェッカード・フラッグを受けた。

2009年は、第9戦イギリスGPでルーベンス・バリチェロが3位に食い込み、これが第三期F1最後の表彰台となった。

今年のイギリスGPは21戦中の第10戦。フェルスタッペン+レッドブル・ホンダの前戦オーストリアGPの優勝で勢いに乗るホンダが、パワーサーキットのシルバーストンでどんな走りを見せてくれるのか、期待が高まっている。

[STINGER]山口正己
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン338ポイント
2位バルテリ・ボッタス274ポイント
3位シャルル・ルクレール221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG612ポイント
2位フェラーリ433ポイント
3位レッドブル323ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2019/10/26〜10/28
(日本時間)