F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トロロッソ・ホンダ、殊勲の表彰台

NEWS

トロロッソ・ホンダ、殊勲の表彰台

雨で混乱したドイツGPで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝したが、2勝目のレッドブルより、初表彰台のトロロッソ・ホンダの功績こそ讃えられてしかるべしだった。

トロロッソにとっては、2008年イタリアGPのセバスチャン・フェッテルの優勝以来、11年ぶりの表彰台。ダニール・クビアトにとっては、レッドブル時代以来3度目の表彰台となった。

ダニール・クビアトは、女児誕生の翌日に、パパとして初めて表彰台に立った。

アレキサンダー・アルボンも素晴しいレースを見せ、トロロッソ・ホンダがここ数戦の低迷から脱して、今後が楽しみになることを予感させた。

ダニール・クビアト(3位)
「“セカンドキャリア”と呼べる状況で表彰台に戻れたのは素晴らしいことです。私の人生の中で二度と起こらないだろうと思ったので、信じられないほど幸せです。たくさんの感情がありますが、それをすべて収めるにはまだ時間が必要です」

「トロロッソが、モンツァでセバスチャン(フェッテル)の優勝で表彰台に乗ってから11年の業績は素晴らしいもので、とても嬉しいです。チームのみんなに感謝します」

「このポジショでに戦うための準備が整いました。今年はより成熟した気分で冷静になり、戦うイメージができていたことを、今日すべての人に証明できたと思います」

「これが習慣になることを願いたいですね! レースは混乱して簡単なことではありませんが、早い時期にピットインするのは50/50の賭でしたが、チームと相談して一緒に勝ちました

アレキサンダー・アルボン(6位)
「今日はいいレースでした! 最初のうちは少し怖くて、クルマが濡れた状況でどのように動くのかを学びましたが、F1で初めての状況でのパフォーマンスに本当に満足しています。ペースは本当に良かったし、少し幸運でした。最初のピットストップの権利を決め、4位で本当に興奮してレースをしていました」

「ウェットタイヤからドライタイヤに切り替えるのがダニー(クビアト)より1周遅れ、4番手でかなり長い間走っていたので、6位は少し残念ですが、チームの戦略は素晴らしく、難しい予選から立ち直ることができたレースでした」

ギュイラウム・デゾテクス(車両パフォーマンス責任者
「なんてレースだ!私たちにとって驚くべき結果であり、素晴らしいチームの努力で達成させました」

「グランプリの現場と、ファエンツァとビスター、そして日本のサクラのオペレーションルームのフエンタスティンクなチームワークで達成できました。ピットウォールでレースを通して激しく議論し、エンジニアは状況をうまく管理し、適切なタイミングで適切なタイヤを装着でメカニックはミスをしませんでした」

「ダニール(クビアト)は、スタートからまったくミスをせず、複雑な状況の中で的確なフィードバックをしてくれました。アレックス(アルボン)は、F1でウェットコンディションを初めて走ったにも関わらず、素晴らしかった!二人とも、私たちの決断を信頼し、最後までプッシュしてくれました。これはスクーデリア・トロロッソとホンダにとって素晴らしい日であり、そしてシーズン後半に大きなモチベーションを与えてくれました」

フランツ・トスト・チーム代表
「素晴らしくとてもエキサイティングなF1レースでした。勝利を収めたマックス・フェルスタッペンと、ターボ時代に2度目の勝利を収めたホンダにおめでとうと言いたい。 もちろん、ダニール・クビアトをおめでとう、本当に3位に値するレースをしてくれました! 彼はどんな困難も乗り越えて、最後まで集中することができました。雨は私たちの見方に見えました。雨の神々のおかげです!」

ホンダF1レーシング本橋正充副テクニカルディレクター
「表彰台でダニール(クビアト)を観るのは、トロロッソと1年半、一生懸命がんばってきた後の素晴らしい気持ちでした」

「最近のレースでは、少し苦労していました、今日も難しいレースでしたが、すべてがうまくまとまりました。昨年のベスト結果は4位でした。良い結果が得られるようになっても、それ以上のことはどういうわけか起こらなかったので、最善を尽くした今日の結果は、忘れられないレースになりました」

「チーム、ドライバー、そしてすべてのホンダ・メンバーは、協力してすべてがうまくいっていました。私たちのことをあきらめずに応援してくれたファンの皆様、特に日本のファンに感謝します。今日の結果は、彼らのためでもあります」

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「マックス・フェルスタッペンが、今年2度目の優勝を達成してくれましたが、さらにダニール・クビアトが3位に入り、2人のホンダ・ドライバーが表彰台に立ちました。ウェットとドライの狭間でコンディションが変化したため、非常に難しいレースでしたが、2人のチームによる戦略とピットクルーの素晴らしい仕事にスポットが当たりました。ホンダとして、心から彼らの努力に感謝します」

「すでにオーストリアでアストンマーティン・レッドブル・レーシングが優勝していますが、レッドブル・スクーデリア・トロロッソが表彰台に上がるのを見られたのは本当にうれしいです。この特別な日を祝い、来週やってくるハンガリーのレースに焦点を当てます」

【STINGER】
photo by Honda
movie by TOROROSSO

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン250ポイント
2位バルテリ・ボッタス188ポイント
3位マックス・フェルスタッペン181ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG438ポイント
2位フェラーリ288ポイント
3位レッドブル244ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP

開催日
2019/08/30〜09/01
(日本時間)