F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2019F1GP第13戦/ベルギーGP/スパ-フランコルシャン/フリー走行1

NEWS

ライブタイムメモ/2019F1GP第13戦/ベルギーGP/スパ-フランコルシャン/フリー走行1

◆ライブタイムメモ
2019F1GP第13戦
夏休み明けの待ちに待ったベルギーGP
スパ-フランコルシャン

<10時45分>(日本時間18時45分)
小中学生の頃は、永遠に来てほしくなかった休み最後の8月末が、
こんなに楽しみだったのかと感心しつつ、2019年の残りの9戦が始まる。

<11時08分>
気温19.6度、涼しげなドライコンディションでセッションが始まった。
全車、といいたいところだが、メルセデス以外の18台が確認走行を終えてピットに戻った。

<11時16分>
4週間の夏休みだったはずだが、各車、エアロパーツに進化の跡が見られ、ハンガリーまでとは違う出で立ちに見えている。
マクラーレンは、久々の実戦でサイドポンツーンに空力確認装置の“鳥籠”を着けて周回を終えてピットに戻った。

<11時17分>
ボッタス+メルセデスが静々とコースインした。ルイス・ハミルトンも続いた。
ハミルトンからエンジンパワーがない、と無線。新たなパワーユニットを入れたばかりだが、フリー走行1での出来事。ここにもメルセデスの“ツキ”がある?!

☆☆
コースの中間地点だったために、ノロノロとストレスたまり気味?

しかし、下り区間でハミルトンがいろいろ試したが、ギヤがかまなかった様子で修正できて加速、ピットに戻った。

☆☆
ハミルトンのトラブルは、20分後にスロットルペダルと発表された。

<11時25分>
1. リカルド+ルノー
2. シャルル・ルクレール
3. ストロール+Rポイント
4. ボッタス+メルセデス
5. フルケンベルグ+ルノー
6. ペレス+Rポイント
7. クビアト+トロロッソ・ホンダ
8. グロジャン+ハース
9. フェッテル+フェラーリ
10. サインツ+マクラーレン
11. ライコネン+アルファロメオ
12. アルボン+トレッドブル・ホンダ
13. ラティフィ+ウィリアムズ
14. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
15. ガスリー+トロロッソ・ホンダ
16. マグヌッセン+ハース

<11時28分>
フェルスタッペン+レッドブル・ホンダが2番手に。

<11時30分>
ストロール+Rポイントが、ケメル・ストレートの終わり部分で右側のエンジンカウルを飛ばしてパーツが散乱、バーチャルセフティカー。

<11時33分>
バーチャルセフティカー解除。

<11時35分>
フェルスタッペン+レッドブル・ホンダが、唯一の1分45秒台でトップへ。

<11時43分>
セッションのほぼ半分が経過。
1. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
2. リカルド+ルノー
3. アルボン+レッドブル・ホンダ
4. ボッタス+メルセデス
5. ルクレール+フェラーリ
6. フルケンベルグ+ルノー
7. フェッテル+フェラーリ
8. サインツ+マクラーレン
9. ストロール+Rポイント
10. ペレス+Rポイント
11. グロジャン+ハース
12. クビアト+トロロッソ・ホンダ
13. ノリス+マクラーレン
14. ガスリー+トロロッソ・ホンダ
15. マグヌッセン+ハース
16. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
17. ライコネン+アルファロメオ
18. クビツァ+ウィリアムズ
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. ハミルトン+メルセデス ノータイム

☆☆
アルボン+レッドブル・ホンダが3番手、クビアト+トロロッソ・ホンダが12番手。ホンダの最新型スペック4の素性は悪くなさそうだ。

<12時14分>
1. フェッテル+フェラーリ
2. ルクレール+フェラーリ
3. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
4. アルボン+レッドブル・ホンダ
5. ボッタス+メルセデス
6. ハミルトン+メルセデス
7. ストロール+Rポイント
8. リカルド+ルノー
9. ペレス+Rポイント
10. サインツ+マクラーレン
11. フルケンベルグ+ルノー
12. ノリス+マクラーレン
13. ライコネン+アルファロメオ
14. グロジャン+ハース
15. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
16. マグヌッセン+ハース
17. クビアト+トロロッソ・ホンダ
18. ガスリー+トロロッソ・ホンダ
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. クビツァ+ウィリアムズ

☆☆
初日とは言え、メルセデスがもう一つの滑り出し?!

フェラーリ、レッドブル・ホンダ、メルセデスが2台ずつ並んでいる。

☆☆
マシンの差を無視して、ガスリー+トロロッソ・ホンダとアルボン+レッドブル・ホンダとの比較をするムチャなテレビ。

☆☆
今年もレーシングポイントがスパ-フランコルシャンでは好調。フォースインディア時代から、ポールポジションや上位入賞など、際立っている。

フリー走行1結果
1. フェッテル+フェラーリ 1分44秒574
2. ルクレール+フェラーリ 1分44秒788
3. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ 1分45秒507
4. アルボン+レッドブル・ホンダ 1分45秒584
5. ボッタス+メルセデス 1分45秒882
6. ハミルトン+メルセデス 1分45秒973
—-以下、1分46秒台
7. ストロール+Rポイント
8. リカルド+ルノー
9. ペレス+Rポイント
10. サインツ+マクラーレン
11. フルケンベルグ+ルノー
12. ノリス+マクラーレン
—-以下、1分47秒台
13. ライコネン+アルファロメオ
14. グロジャン+ハース
15. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
16. マグヌッセン+ハース
17. クビアト+トロロッソ・ホンダ 1分47秒636
18. ガスリー+トロロッソ・ホンダ 1分47秒968
—-以下、1分48秒台
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. クビツァ+ウィリアムズ

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NEXT RACE

オランダGP
サーキット・ザントフォールト

開催日
2020/05/01〜05/03
(日本時間)