F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダ・パワーのイタリアGP予選–レースはオーバーテイクに期待

NEWS

ホンダ・パワーのイタリアGP予選–レースはオーバーテイクに期待

レッドブル・ホンダとトロロッソ・ホンダにとって難しい予選となったイタリアGP予選。レッドブル・ホンダのアレキサンダー・アルボンがホンダPU勢最上位の5ばんグリッドを決めた。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーにスペック4のPUが供給され、そのペナルティーでグリッドダウンのペナルティが決まっていた。フェルスタッペンはQ1でレッドフラッグに走行を阻まれ、さらに、縁石に乗り上げてタイヤが激しく空転、エンジン回転がプロテクションモードに入ったため、FIAのトルク監視システムが介入し、パワーを落とすことになった。

トロロッソ・ホンダのガスリーとダニール・クビアトは、Q2まで進んだ。クビアトはガスリーの背後でスリップストリームを使ったが、トラフィックに阻まれて13番手に甘んじた。ガスリーは15番手。

アルボンはQ3まで進み、1回目のアタック中に赤旗中断でタイムを記録できず、2回目のアタックは多くのマシンがスリップストリームを牽制し合う中で、時間内にコントロールラインを横切ることができないとう前代未聞の自体となり、アルボンもタイムを記録することができずに8番グリッドととなった。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「モンツァは、例年通り、今年の予選も非常に僅差での戦いになりました。レッドブル・トロロッソ・ホンダのクビアト選手は、Q2の途中までタイムを更新していましたが、クリーンなアタックができずQ2敗退という結果になりました。アストンマーチン・レッドブル・ホンダのアルボン選手は、Q3に進出したものの、1回目のアタックは赤旗の影響、2回目は時間切れでタイムアタックができなかったため、残念ながら明日は8番グリッドからのスタートとなりました」

「アストンマーチン・レッドブル・ホンダのフェルスタッペン選手は、Q1のアタック中に、縁石に乗り上げてPUがプロテクションモードに入って、走行中にパワーを落とすこと になりました。フェルスタッペン選手とレッドブル・トロロッソ・ホンダのガスリー選手については、スペック4投入によるペナルティーで後方スタートが確定していましたが、明日はオーバーテイクが可能なここモンツァで、4台のマシンが力強いレースを展開してくれることを期待しています」

[STINGER]山口正己
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NEXT RACE

オランダGP
サーキット・ザントフォールト

開催日
2020/05/01〜05/03
(日本時間)