F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   F1が面白くなってきた!!–ドライバーのキャラが立っている

NEWS

F1が面白くなってきた!!–ドライバーのキャラが立っている

誰を選ぶかは、アナタ次第。

日本に第二期F1ブームがやってきた1987年、現在のF1と大きく違っていたのは、ドライバーのキャラが立っていた、ということだ。それぞれ明確な個性がしのぎを削っていたが、F1がその状況に戻りつつある。

日本にF1ブームがやってきた1987年。まず、アラン・プロストとアイルトン・セナ、そして、ネルソン・ピケとナイジェルマンセルの、4天皇と呼ばれた彼らを、ゲルハルト・ベルガー、ミケーレ・アルボレート、リカルド・パトレーゼといった渋みのある存在がささえ、ステファン・ヨハンソン、ティエリー・ブーツェン、イーヴァン・カペリ、そしてアンドレア・デ・チェザリス、ルネ・アルヌーが一味違う存在としてF1を面白くしてくれていた。

最近のF1がもの足らなかったのは、ドライバーの個性が見えにくいことだったが、ルイス・ハミルトンという絶対王者に対抗できるマックス・フェルスタッペン、シャルル・ルクレールの登場で、キャラクターが見え始めた。イタリアGPでルクレールとトップ争いを展開したルイス・ハミルトンは、ベテランとニューフェイス。ルクレールとフェルスタッペンが、果敢な若手として世代交代を感じさせている。

この3人を中心に、セバスチャン・フェッテルやキミ・ライコネンというベテランのチャンピオン経験者やダニエル・リカルドやバルテリ・ボッタス、ロベルト・クビツァなど実力派の優勝経験者がいて、勢いがあるカルロス・サインツや、才能あふれるアレキサンダー・アルボン、ランド・ノリス、ジョージ・ラッセルが加わり、セルジオ・ペレスやダニール・クビアトのような渋いキャラクターや、ファンを心配させるピエール・ガスリーやロメイン・グロジャンもいる。

キャラが立つと応援の対象が明確になり、応援の対象が明確になるとF1は、面白くなる。

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし