F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   スーパーフォーミュラをREDBULLが無料生配信!!

NEWS

スーパーフォーミュラをREDBULLが無料生配信!!

岡山国際サーキットのレコードホルダーはアイルトン・セナ。

今年、ニューマシンが導入されて競争力が格段に上がって、グローバルに注目度を高めているスーパーフォーミュラ。岡山国際サーキットで行なわれる2019年シーズン第6戦の予選/決勝の模様が、Red Bull TVとして初めて無料でライブ配信される。

日本のベテラン勢と、海外からの刺客の闘いを観るチャンスをお見逃しなく!!

ちなみに、岡山戦の注目のひとつは、予選がドライコンディションになった場合のタイム。1994年4月に行なわれたF1日本GPで、故アイルトン・セナが記録したコースレコードの更新なるかというもの。

当時、“TIサーキット英田(あいだ)と呼ばれていた岡山国際サーキットで、ウィリアムズFW16のセナが記録したのは、1分10秒218。スーパーフォーミュラのコースレコードは、2015年5月に記録された1分12秒429。昨年は雨だったために比較はできないが、旧タイプのSF14では頭打ちになっていた可能性が高くこの2.211秒差が詰められるかがキーになる。

岡山国際サーキットは、1周3.073kmと距離が短く、タイム差は少ないことから、短縮の可能性は高くなさそうだが、ひとつの目安としての記録が注目される。

ちなみに、直近のツインリンクもてぎを例で比較すると、2015年と今年は、石浦宏明の1分32秒657とアレックス・パロウの1分31秒462で2秒近く短縮されており、ドライになれば、スーパーフォーミュラのコースレコード更新は間違いないが、F1にどこまで迫れるか気になるところだ。

レッドブルTVの詳細は、こちら

スーパーフォーミュラには、レッドブルがバックアップする『レッドブル・アスリート』が参加している。シリーズランキング首位のニック・キャシディ、前戦のもてぎで初優勝した平川亮、海外からはルーカス・アワーとパトリシオ・オワードと次世代のF1ドライバー候補がしのぎを削る。

レッドブルTVの解説は、セナがF1にデビューした1984年に、メカニックとしてセナのマシンを担当したモータースポーツジャーナリストの津川哲夫さん。

ライブ配信は、こちら

また、Red Bull TVのアプリは、こちらで。

◆予定は下記の通り。
予選:9月28日(土)14:20~
決勝:9月29日(日)15:00~

[STINGER]山口正己
photo by REDBULL JAPAN

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし