F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ロシアGP予選のホンダ

9月28日土曜日、ソチ・オートドロモで、2019F1GP第16戦ロシアGPの予選が行なわれた。

ホンダのパワーユニットを搭載する4台は、次の鈴鹿に照準を合わせるために、全車がパワーユニット交換してグリッドダウンのペナルティが決まっていたが、予選では、レッドブル・ホンダもトロロッソ・ホンダも明暗が分かれる結果となった。

アストンマーチン・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンの4番手(ペナルティでグリッドは9番手)に対して、チームメイトのアレキサンダー・アルボンは、Q1最初のアタックをイエローフラッグに阻まれ、挽回を狙った次のアタックでスピンしてバリアにクラッシュ、後部を破損して走行を断念。18番手グリッドからのスタートとなった。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーは、Q3には進出できなかったものの、Q2の1アタック目で6番手を記録、「クルマは完璧、満足できる走りができた」と、0.05秒の差でQ3進出を阻まれて11番手の結果にも上機嫌。これに対して、ダニール・クビアトは、予選前のフリー走行3で、積み替えたパワーユニットにトラブルが発生、新しいスペック4のPUへの変更を余儀なくされて予選をパス、19番グリッドからのスタートとなった。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「フェルスタッペン選手が堅実な走で4番手となりましたが、明日はペナルティーで9番グリッドからのスタートになります。その他のマシンもPU交換にともなうグリッド降格のペナルティーで後方からのスター トになりますが、レースではポジションを上げてフィニッシュできるよう、我々としても最善を尽くしたいと思います」

「なお、クビアト選手は、FP3のセッション中にPUに問題が発生し、交換が必要になりました。ペナルティーによる最後尾スタート が確定していたので、確実な交換作業を実施することを優先し、予選に出走しないことを選択しました。今回発生した問題ついてはこれから分析を行います」

[STINGER]山口正己
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし