F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ホンダ、本拠地の鈴鹿決戦へ!!

Hondaにとってはもちろん、チームにとっても特別な一戦となる日本GPは、8の字型のレイアウトに、時速300㎞以上で駆け抜ける130Rなど名物コーナーが詰まった高速の鈴鹿サーキットで行なわれる。ファンの声援も年間最大となり、昨年はスタンドがToro Rossoカラーのブルーで染まってホンダ・パワーを後押しした。

昨年のレースでは、トロロッソ・ホンダが予選で6・7番手で盛り上がったが、レースは苦戦。2チーム体制で臨む今年は、レッドブル・ホンダを加え、ホンダ勢は一丸となって懸命に取り組んでいる。

決戦を前に、ホンダF1レーシングの田辺豊治テクニカルディレクターは、決意を語った。

「Hondaの母国、そしてホームサーキットで行われる今週末の日本グランプリには、Hondaのメンバー全員が普段以上に高いモチベーションとともに臨みます」

「レースの舞台となる鈴鹿サーキットは、多くのドライバーやF1関係者から、世界で最もすばらしいサーキットの一つと呼ばれており、例年エキサイティングなレースが展開されます。その鈴鹿サーキットに臨むには、車体とパワーユニット(PU)、そしてタイ ヤを、パッケージとして高いレベルでまとめることが必要とされ、ドライバー、エンジニア双方にとって非常にチャレンジングなサーキットです」

「また、今週末は、決勝前にHondaJetが鈴鹿サーキット上空を飛ぶフライパスセレモニーが行われると聞いています。HondaJetの最先端技術は、我々F1のパワーユニットのターボチャージャーやMGU-Hにも活かされ、信頼性とパフォーマンス両面の向上に大きな貢献を果た してきました。 そのような背景もあり、日本グランプリという特別な舞台をHondaJetとともに迎えられることを、誇らしく感じています」

「強力なライバルとの争いになるため、簡単な週末になるとは思っていませんが、アストンマーチン・レッドブル、レッドブル・トロロッソの両チームと一緒に、最善を尽くして臨みたいと思います」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン338ポイント
2位バルテリ・ボッタス274ポイント
3位シャルル・ルクレール221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG612ポイント
2位フェラーリ433ポイント
3位レッドブル323ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2019/10/26〜10/28
(日本時間)