F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   次につながる表彰台–ホンダ・パワーの2019最終戦アブダビGP

NEWS

次につながる表彰台–ホンダ・パワーの2019最終戦アブダビGP

2019F1GP最終戦、ヤス・マリーナ・サーキットのアブダビGPは、マックス・フェルスタッペンが2位に入り、Aston Martin Red Bull Racingが今期9度目の表彰台を獲得してシーズンを締めくくった。

Hondaパワーユニット勢は4台中3台がポイントを獲得。Red Bull Toro Rosso Hondaのピエール・ガスリーは、スタート直後に追突されてフロントウイングを破損してピットストップを強いられ、最後尾まで後退。期待したセーフティカーも出ることなく、18位フィニッシュでシーズンを終え、サインツ+マクラーレンにシリーズ6位を譲った。

チームメートのダニール・クビアトは、13番グリッドからハードタイヤでスタートし、41周目までタイヤ交換を伸ばしてポイント圏内に浮上。タイヤ交換後も、フルケンベルグ+ルノーをオーバーテイクするなど見せ場を創って9位でポイントを獲得。 ドライバーズランキングでもニコ・フルケンベルグを逆転、シリーズ13位でシーズンを終えた。

Red Bull Racingのアレキサンダー・アルボンは、序盤でハードタイヤに履き替えて1ストップ戦略を採り、フェラーリのセバスチャン・フェッテルとバトルを繰り広げたが、2ストップでフレッシュタイヤを選択したフェッテルにわずかに届かず、6位でチェッカードフラッグ。アルボンは、Red Bull Racing移籍後8度目のトップ6位内で、ドライバーズランキング8位でシーズンを終えました。

フェルスタッペンは、今回の2位表彰台でドライバーズランキング3位を確定。スタート後にシャルル・ルクレール(フェラーリ)に交わされ3番手に交代したが、25周目にミディアムからハードへタイヤを交換すると、ターン8でルクレールをオーバーテイク。そのまま2位を守ってゴール。シーズン最後の3戦を勝利と表彰台で締めくくった。

このアブダビGPで、F1世界選手権は全21戦を終了しました。2020年シーズンの開幕戦は、3月15日(日)にオーストラリアのメルボルンで開催される。

HondaF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「今日は、Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手が2位表彰台を獲得、Honda PUを搭載するマシン3台が入賞を果たすことができ、いい形でシーズンを締めくくることができました」

「フェルスタッペン選手はタイヤをマネージしながら素晴らしいドライビングを見せてルクレール選手をオーバーテイクし、ドライバーズランキング3位を確定させるなど、今日もいい走りを見せてくれました。アルボン選手も6位入賞と、いい形でルーキ ーイヤーを終えてくれました」

「Red Bull Toro Rosso Hondaは、クビアト選手が非常に上手くタイヤをマネージし、全ドライバー中で最長の41周目までピットインを伸ばして9位入賞を果たしました。チームの戦略とともにいいレースをしてくれたと思いますが、ガスリー選手は、スタート直後の接触の影響により残念ながらポイント圏外に終わる形になりました」

「今年はHondaにとって2015年の復帰以来、初めて2チームにPUを供給し、両チームと良好なコミュニケーションをとりながら、Red Bullとは3勝を挙げ、Toro Rossoとも2度の表彰台を獲得するなど、確実に前進を果たせた一年になりました」

「4人のドライバーと両チームはもちろん、懸命に開発をプッシュしてくれたHRD Sakuraとミルトンキーンズのファクトリーのメンバー、そしてサプライヤーの方々の努力に、改めて感謝の言葉を送ります。社内の他部門の技術協力も含め、Hondaとして一丸となって戦った一年だったとも感じています」

「そして、シーズンを通して熱いご声援を送ってくださったファンの皆さま、本当にありがとうございました。今年はとてもいいシーズンを送ることができましたが、まだまだ我々が目指している場所には到達していません。来年もさらなる高みを目指し、戦いを続けていきます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし