F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ルイス・ハミルトンはフェラーリに行く?!

NEWS

ルイス・ハミルトンはフェラーリに行く?!

さて、どうする? 二人にチームサイドの決定権はあるが、最後はハミルトンの決断。

6度目のワールドチャンピオンを決めたルイス・ハミルトンの周辺に、チーム移籍のウワサが立ち上っている。規則が大幅に変更になる2021年に、フェラーリに乗るのではないか、というものだ。

F1ドライバーなら誰でも、一度はフェラーリのステアリングを握りたいと思っている、というのが定説として存在する。歴史的にみて、フェラーリは1950年からのF1GPの歴史にすべて関わっている唯一のチームであり、いかに強いメルセデスも、その存在感には追いつけない。

しかし、ルイス・ハミルトンに限っては、フェラーリに乗りたい、というイメージがもう一つ沸かないとう声もある。ルイス・ハミルトンは、ロマンより実績を追求するタイプだからか。

しかし、あのラウダも、フェラーリに乗り、アイルトン・セナはウィリアムズの後にフェラーリに乗るはずだった、という話もあるが、ミハエル・シューマッハはフェラーリで名声を構築したけれど、フェルナンド・アロンソは、タイトルを取れなかった。セバスチャン・フェッテルの成績も、アロンソに似ているかもしれない。ハミルトンはもう少し周到に人生の戦略を考えていそうだ。彼の興味は、フェラーリという名声ではなく、噂される2021年のフェラーリがタイトルを撮れるポテンシャルを持つかどうかということだ。

2020年のハミルトンは、メルセデスを継続するが、ミハエル・シューマッハと並ぶ7度目のタイトルを取ったとして、エンジンに限れば、2009年のデビューを飾ったマクラーレン時代からメルセデスだけとのつきあいだ。つまり、ルイス・ハミルトンは、メルセデスという最強エンジンがあったからタイトルを取れた、という見方をされることを、ハミルトンは、満足しているのだろうか。

メルセデスだけでなく、別のチームでもタイトルを取れれば、エンジンやチームの力ではなく、ドライバーの力でのタイトルと誰にでも言える。さてルイス・ハミルトンの人生計画の中で、フェラーリはどんな役回りなのだろうか。

[STINGER]山口正己
photo by Formulaone.com

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more

NEXT RACE

日本GP
鈴鹿サーキット

開催日
2020/10/09〜10/11
(日本時間)