F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   アブダビF1合同テストで見えたもの

NEWS

アブダビF1合同テストで見えたもの

4日から6日まで、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれた合同テストは、バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルがドライブしたメルセデスが2日ともトップタイムを記録して、総合の1-2で締めくくった。

フェラーリがそれに続き、ストロール+レーシングポイントを挟んで、ピエール・ガスリーとダニール・クビアトのトロロッソ・ホンダが7-8番手に並んだ。

レッドブル・ホンダの二人が低調なタイムだったのは、徹底してロングランを行なったためと思われるが、今回のテストは、2020年用タイヤのフィーリング確認を主目的に行なわれたことから、タイム自体は重要な意味を持たないと言える。

表の右端に、*印が着いているのが2020年タイヤだが、少なくともタイム的には、ピレリが用意した新たなタイヤは、今シーズン用に見劣りしない。

ただし、フィーリングがどうだったかが、重要なカギであり、ピレリは、“各チームからの評価の結果、70%を超えるチームの評判が悪かった場合、2020年タイヤはお蔵入りになって、2019年タイヤを来年も使う”としている。

その結果は、9日月曜日に結論が出される。

【STINGER】
photo by PIRELLI

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NEXT RACE

オランダGP
サーキット・ザントフォールト

開催日
2020/05/01〜05/03
(日本時間)