F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   アロンソ、マクラーレンにサヨウナラ

NEWS

アロンソ、マクラーレンにサヨウナラ

ブラウンとではなくアンドレッティとならまだマシな闘いができる?

出たり入ったりの結果、フェルナンド・アロンソは、結局マクラーレンと離れることになった。

ダカール・ラリーで才能を披露した後、アロンソの次のターゲットは5月末のインディ500だが、今年はマクラーレンが用意したチームではなく、アンドレッティ・オートスポートからの参戦になる。昨年の予選落ちは、クラッシュしたマシンの修復が間に合わなかったため。セッティングも充分ではなかったが、マシン修復を間に合わせられなかったのは、チーム力として話にならないレベルだったことになる。

ザック・ブラウンが主導するマクラーレンもマクラーレンなら、アロンソのどっち着かずの動きも、気になるところだ。パリダカはうまく走れたが、インディ500はうまくいくのか。2017年の初挑戦の時、予選を前にした段階で、「枡目を一つ一つ埋めていく地道な作業を覚悟していた。レース中もその作業を続けて(インディ500という特殊なレースを覚えて)いくつもりだったけれど、予選を前に、すべての枡目が埋まった)」とコメントして学習能力の高さでアメリカを驚かせていた。

事実、レースでも、エンジントラブルがなければ優勝の可能性もあった。しかし、2019年は、体制を変えてのチャレンジとなった。アロンソのこうした一貫性のなさが、勝利を遠のけている可能性は払拭できない。

モナコGP、ルマン24時間、そしてインディ500をグラハム・ヒルに次ぐ二人目の三冠王になったとして、そこにどれだけの価値があるか分らないけれど、価値ある勝利であるなら、ダカール・ラリーでよそ見するのではなく、集中したらいいのに、と思う。アロンソに必要なのは、彼の手綱をしっかり握れるマネージャーの存在かもしれない。

[STINGER]山口正己
Photo by McLaren

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン190ポイント
2位バルテリ・ボッタス135ポイント
3位マックス・フェルスタッペン110ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG325ポイント
2位レッドブル173ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more

NOW RACE

シンガポールGP
マリーナ・ベイ市街地サーキット

開催日
2020/09/18〜09/20
(日本時間)