F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

誰が表彰台に一番登ったか!?

一番上のM.シューマッハを例にすると、レース数が308戦のうち155回表彰台に乗って50.32%。

表彰台登壇比率とでも言うのだろうか。F1 Experiencesが、1950年からのF1GPで表彰台に登壇した確率を集計した。

F1GPが現在の形になった1950年から現在までの70年間は、時代を追う毎にレース数が増え、ある意味で入賞の確率を高く保つのが難しくなっている。

1位には、データ上で完走率100%が二人いるが、二人とも1950年代前半、インディ500がF1GPに組み込まれていた時に、1戦だけ表彰台に上がったもので、データ的には1位は1位だが、カウントするのはおこがましい!?

改めてポテンシャルが証明されたのが、250戦して151表彰台のルイス・ハミルトンだ。現代20戦という多くのレースを闘っている中でのデータと考えると、いかに安定した力を持っているかが証明されている。

また、現役ドライバーを、F1データウェッブで検索して現役を拾い上げると、下の表のような結果になった。

◆表彰台登壇比率現役トップ10 *カッコ内は登壇率順位
1. L.ハミルトン     60.4%(5)
2. S.フェッテル    50.0%(11)
3. K.ライコネン    33.0%(30)
4. V.ボッタス     32.4%(31)
5. M.フェルスタッペン 30.4%(38)
6. C.ルクレール    23.8%(60)
7. D.リカルド     17.0%(88)
8. R.クビツァ     12.4%(114)
9. R.グロジャン      6.1%(152)
10. S.ペレス       4.5% (160)
※参考
J-M.ファンジオ     68.6%(4)
A.プロスト       53.0%(9)
M.シューマッハ     50.7%(10)

ちなみに、日本人では、鈴木亜久里と小林可夢偉がそれぞれ1回ずつ表彰台に乗っている。亜久里が1.6%で200位、可夢偉が1.3%で205位、佐藤琢磨が、1.1%で206位になる。

【STINGER】
photo by F1 Experienc
data by F1 DataWeb

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2020/06/05〜06/07
(日本時間)