F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ホンダのイギリスGP予選by田辺TD

アルボンは、データの不具合からバッテリー交換を強いられ、充分なアタックができなかった。

アストンマーチン・レッドブル・レーシングとアルファタウリ・ホンダにとって、難しい予選となった。その状況で、マックス・フェルスタッペンは力強い走りをみせ、明日の決勝を3番手からスタートする。

Q1は、4台すべてがポテンシャルを発揮したものの、Q2ではセクター2で風が選手を苦しめ、Q2でハミルトン(メルセデス)がスピン、レッドフラッグで走行が中断した。

走行が再開され、Q2残り約5分で各車がアタックし、フェルスタッペン+レッドブル以外のHonda PU搭載の3台はQ3進出を逃した。

ピエール・ガスリーは10番手のストロール(レーシング・ポイント)と同タイムだったが、タイム記録の順番からガスリーが11番手となった。

アレクサンダー・アルボンは、FP3の開始直前にデータの不具合を検知しバッテリー交換を行なったことでFP3の45分間を走行でず、充分な走行ができず、予選Q2で0.044秒差の12番手でQ3進出を逃した。

ダニール・クビアトは、0.2秒遅れの14番手だったが、ギアボックス交換のペナルティーで決勝は19番グリッドからスタートするが、Q3進出を逃した3台は、明日の決勝スタートで自由にタイヤを選択できる。

フェルスタッペンは、今週末のほとんどを3番手で走り、明日の決勝を2台のメルセデスのすぐ後ろからスタートする。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカル・ディレクター
「イギリスグランプリ予選は、アストンマーチン・レッドブル・レーシングのフェルスタッペン選手がQ3に進出しましたが、他の3台はQ2敗退と、厳しい結果となりました」

「フェルスタッペン選手は、メルセデスの2台に続く3番手からのスタートとなり、明日のレースでの戦いを期待したいと思います」

「11番手のスクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリー選手は、Q2で10番手のストロール選手と同タイムながら、出走順で順位が決まる規則でQ3進出を逃しました」

「ガスリー選手および12番手のアストンマーチン・レッドブル・レーシングのアルボン選手は、明日のレーススタート時のタイヤを選択できます。タイヤに厳しいこのサーキットではアドバンテージになると考えています」

「両チームともにレースペースは悪くないので、4台ともに力強い走りでポジションを上げてフィニ ッシュできるようチームとともに準備を進めます」

「なお、午前のFP3のスタート直前のエンジン始動時にアルボン選手の車にバッテリーパックの異常を確認したため、その時点でバッテリーの交換を決定しました。地の利を活かして、ミルトンキーンズのファクトリーに戻し、すぐに解析を始めます」

【STINGER】
photo by Honda

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン107ポイント
2位マックス・フェルスタッペン77ポイント
3位バルテリ・ボッタス73ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG180ポイント
2位レッドブル113ポイント
3位フェラーリ55ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP
スパ-フランコルシャン・サーキット

開催日
2020/08/28〜08/30
(日本時間)