F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   チャンピオンたちの第104回the500予選

NEWS

チャンピオンたちの第104回the500予選

アロンソは、11列のうちの9列目中央の後方グリッドが決まった。

8月23日決勝の第104回インディ500の最初の予選が行なわれ、ファスト・ナイン・シュートアウト』に参加する9台以下のグリッドが決まった。

2014インディ500ウィナーのライアン・ハンターレイが、231.330マイル/hで2位、2016年ウィナーのアレクサンダー・ロッシが、231.268マイル/hで3番手、練習初日にトップ・タイムを記録したジェイムス・ヒンチクリフが総合4位。NTTインディカーシリーズのポイントリーダーで、2008年インディ500優勝者のスコット・ディクソンが231.155で5番手、231.114を記録したルーキーのリナス・ヴィーケイが、シボレー・エンジンで唯一のファスト・ナイン・シュートアウト・ランナーとして6位番手に着け、注目のアレックス・パロウは、この日も安定した走行で、231.034を記録して7番手を得た。

レイホール・レターマン・ラニガン・レンシングのグラハム・レイホールと、2017ウィナーの佐藤琢磨がファストナインを締めくくった。

アンドレッティオートスポーツは、ファストナインシュートアウトに5台の車を投入することに失敗。コルトン・ハータは、「グレイテストスペクタクルof theグレイテストスペクタクル」で10位からのスタート。

昨年のウィナー、チームペンスケのシモン・パジェノーは25位、NTTインディカーシリーズチャンピオンのジョセフ・ニューガーデンは、ペンスケの4人の中で最速の13位。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンドアロンソは、9列目の26番グリッドからのスタートする。

【STINGER】
photo by INDYCAR

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more

NEXT RACE

アメリカGP
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

開催日
2020/10/24〜10/26
(日本時間)