F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ◆ライブタイムメモ/2020F1GP第9戦トスカーナGP/フリー走行1

NEWS

◆ライブタイムメモ/2020F1GP第9戦トスカーナGP/フリー走行1

◆ライブタイムメモ
2020F1GP第8戦
トスカーナGP
ムジェロ
フリー走行1

<10時55分>(日本時間17時55分)

フィレンツェ近郊のトスカーナGP初日、気温は28℃。このところのF1GPは、同じような安定した気候の中で展開している。

1kmを超えるメインストレートを中心に、3本の直線と中速コーナーが組み合わされる高速コース。小高い丘の上で清々しい天候の初日になった。

2012年に一度テストで走っただけで、どのチームにとってもデータがない。長いストレートがタイムのキモになるということから、パワーユニットの優劣を問われる。

久々に、観客席に観客がいるある意味懐かしい光景が広がっている。

<11時00分>
いつものように下位チームからではなく、まずはレッドブルの2台がコースイン。新しいコースてので積極的にデータを集めたいチームの気分が現れている。

☆☆
左右が連続する中速コーナーは、鈴鹿のS時を彷彿とさせるイメージ。

<11時12分>
まずはボッタス+メルセデスが1分22秒台を記録した。連続走行を行なったのはボッタス+メルセデスのみ。すでにメルセデスが、事前データで創り込んだシミュレーションの部分でも他を一歩している証左?

<11時16分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダがまずは1分22秒台のタイムを記録。

ライコネン+アルファロメオが更新して2番手。
アルボン+レッドブル・ホンダも連続周回に入った。

<11時22分>
1. ボッタス+メルセデス
2. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
3. フェルスタッペン+レッドブル
4. ライコネン+アルファロメオ
5. サインツ+マクラーレン
6. アルボン+レッドブル・ホンダ
7. ラティフィ+ウィリアムズ
8. オコン+ルノー
9. ノリス+マクラーレン
10. クビアト+アルファタウリ・ホンダ

<11時24分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダがトップ、フェルスタッペン+レッドブル+ホンダが2番手へ。

☆☆
今回のフェラーリは、1000GPの記念カラーで、濃い赤の臙脂色。イメージががらりと代わっている。

<11時27分>
フェルスタッペン+レッドブル+ホンダがタイムを伸ばしてトップへ。ガスリー+アルファタウリ・ホンダを挟んでハミルトン+メルセデスが、ルクレール+フェラーリ、サインツ+マクラーレンが続いている。

<11時36分>
1. フェルスタッペン+レッドブル+ホンダ
2. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
3. ルクレール+フェラーリ
4. ハミルトン+メルセデス
5. リカルド+ルノー
6. サインツ+マクラーレン
7. ラッセル+ウィリアムズ
8. ボッタス+メルセデス
9. クビアト+アルファタウリ・ホンダ
10. ペレス+レーシングポイント
11. ライコネン+アルファロメオ
12. アルボン+レッドブル・ホンダ
13. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
14. ラティフィ+ウィリアムズ
15. ノリス+マクラーレン
16. グロジャン+ハース
17. マグヌッセン+ハース
18. オコン+ルノー
19. フェッテル+フェラーリ
—-以下、ノータイム
20. ストロール+レーシングポイント

<11時37分>
ほぼフリー走行1の半分が経過したところで注目は、ウィリアムズの“意外な”健闘。ラッセル7番手、ラティフィ14番手。

<11時38分>
ハミルトン+メルセデスがセクター1で区間ベストで2番手タイム。11周走ったミディアムタイヤ。

セクター2最速はルクレール+フェラーリ、セクター3がフェルスタッペン+レッドブル+ホンダ

<12時03分>
1時間を経過して、流れが大きく変わって来た。

1. ボッタス+メルセデス
2. ルクレール+フェラーリ
3. ハミルトン+メルセデス
4. オコン+ルノー
5. ノリス+マクラーレン
6. フェルスタッペン+レッドブル+ホンダ
7. アルボン+レッドブル・ホンダ
8. クビアト+アルファタウリ・ホンダ
9. リカルド+ルノー
10. ライコネン+アルファロメオ
11. グロジャン+ハース
12. フェッテル+フェラーリ
13. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
14. サインツ+マクラーレン
15. ラッセル+ウィリアムズ
16. マグヌッセン+ハース
17. ストロール+レーシングポイント
18. ペレス+レーシングポイント
19. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
20. ラティフィ+ウィリアムズ

<12時04分>
フェルスタッペン+レッドブル+ホンダがジワリとタイムを縮めて2番手へ。ボッタス+メルセデスとの差は、0.048秒。

トップ2は1分17秒台。

<12時05分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダが5番手へ。

フリー走行3結果
7番手までが1秒以内。

ルクレール+フェラーリの躍進(元に戻っただけ?)が、地元の大切なレースへの意気込みを感じさせている。

メルセデスとホンダのパワーユニット対決籾ものになりそうだ。

1. ボッタス+メルセデス
2. フェルスタッペン+レッドブル+ホンダ
3. ルクレール+フェラーリ
4. ハミルトン+メルセデス
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. オコン+ルノー
7. クビアト+アルファタウリ・ホンダ
8. ノリス+マクラーレン
9. アルボン+レッドブル・ホンダ
10. リカルド+ルノー
11. ライコネン+アルファロメオ
12. グロジャン+ハース
13. フェッテル+フェラーリ
14. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
15. サインツ+マクラーレン
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. マグヌッセン+ハース
18. ストロール+レーシングポイント
19. ペレス+レーシングポイント
20. ラティフィ+ウィリアムズ

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン190ポイント
2位バルテリ・ボッタス135ポイント
3位マックス・フェルスタッペン110ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG325ポイント
2位レッドブル173ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more

NEXT RACE

ロシアGP
ソチ・アウトドロモ

開催日
2020/09/25〜09/27
(日本時間)