F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのトスカーナGP初日–by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのトスカーナGP初日–by田辺TD

コロナ禍後のカレンダー見直しで2020年のレースカレンダーに追加されたF1初開催のムジェロ。初日はコースに慣れるドライバーと最適なセットアップを探るチームスタッフにとって、重要な一日になったが、FP1でホンダのパワーユニットを搭載する4台が、フェルスタッペンはトップから0.048秒差の2番手、モンツァで優勝したガスリーが5番手、クビアトは7番手、アルボンが9番手と、トップ10入りした。

午後のFP2でも、ホンダ搭載マシンは力強いパフォーマンスをみせ、フェルスタッペンが3番手、アルボン4番手、ガスリーはアルボンから約4分の1秒遅れで8番手、クビアトは15番手となった。

明日の予選でもパフォーマンスを維持できるよう、チームはデータ分析を行い、セットアップの最適化を進めている。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「トスカーナGP初日は、2チーム4台ともにスムーズなセッションとなり、多くの周回を重ね、予定通りにプログラムを消化することができました」

「現行F1レギュレーションで初走行となるムジェロ・サーキットでプログラムを消化し、データを収集することは、初日の仕事として大変重要なことでした」

「今日は色々なセッティングを試して走行したことで、車体/PUともに予選、レースに向けて貴重なデータを収集することができました。初めてのサーキットということで、車体もPUも通常よりも最適化の余地が大きいのではないかと考えています。これからデータを分析し、明日以降のセッションに備えます」

【STINGER】
photo by HONDA

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER