F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   走行なし!! ホンダ陣営のアイフェルGP初日by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

走行なし!! ホンダ陣営のアイフェルGP初日by田辺TD

2020F1GP第11戦アイフェルGPの初日は、深い霧でメディカル・ヘリコプターが飛べないため、すべての走行セッションがキャンセルされた。

霧というより、低い雲に覆われ、断続的に続く雨にたたられた金曜日、1時間半を2回予定のフリー走行は、最後までピットレーンがオープンにならず、ホンダのパワーユニットを搭載するアストンマーチン・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリも、3日の予定が実質2日間に短縮された週末に挑むことになった。

2017年中国GPも、ほぼすべてのセッションが行われず、同じような状況に見舞われ、昨年(2020年)の日本GPの土曜日は、台風でキャンセルとなり、予選が日曜日の朝に行なわれたことも記憶に新しい。

初日の走行が、30分を残して正式に中止されたことで、チームは計画していた走行プランを変更し明日のFP3に臨む。

ちなみに、3週間後に控えるエミリア=ロマーニャGPは最初から2日間のみで開催され、予選前に1度のフリー走行しか設けられない予定のため、今回の経験は、エミリア=ロマーニャGPに備えるものにもなる。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「アイフェルGP初日は、視界が悪くメディカル・ヘリコプターが飛べないこと走行ができず残念に思っています。ロシアGPから観客を入れての開催が始まりましたが、この日を長いこと待ち、またこのような天気の中でも観戦に訪れてくれたファンの皆さんには感謝するとともに大変申し訳なく思います」

「現行のPUレギュレーション下で初めて走行するサーキットですので、データ取りのためにも是非走行したかったのですが、その分明日のFP3での時間を有効に活用し、予選と決勝に向けた準備を進めます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER