F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/バーレーンGP/フリー走行1

NEWS

ライブタイムメモ/バーレーンGP/フリー走行1

◆ライブタイムメモ
2020F1GP第15戦
バーレーンGP-1
ザヒール・サーキット

フリー走行1

<13時40分>(日本時間19時40分)
2週間ぶりのF1GPがのスケジュールが始まる。
会場は、中東のバーレーン連戦。今週は、これまでのバーレーンGPで使われた5.412kmのフルコース、来週は、外周だけの3.543kmが舞台となる。

同じ会場だが、ワインディングなフルコースからシンプルな高速コースになるだけでなく、今週は日中、来週は夜間に行なわれ、気温が格段に異なるコンディションになる。

二つのシチュエーションに、各チームやドライバーがどう対応するかが見どころだ。

☆☆
中東は、雨の心配はない。その一方で、エンジンに砂塵を吸い込まないような配慮や、風に運ばれた砂でグリップが変わることに対応は必要。

<14時00分>
セッション開始、ほとんどないはずの雨が、ポツポツと落ちている。歓迎の雨? 全車ドライタイヤでコースインが始まった。

☆☆
ストロール+レーシングポイント、ガスリー+アルファタウリ・ホンダ、マグヌッセン+ハースなど、ほぼ半数が2021年用のプロトタイプタイヤでコースインしている。

<14時10分>
まずは、ハミルトンとボッタスのメルセデスが1分31秒台で1-2。マクラーレンの2台が続いている。

すでに11台が連続走行を行なってモニターにタイムを記録している。

<14時15分>
ボッタス+メルセデスが激しくフロント・タイヤをロックさせている。ハミルトン+メルセデスも滑り出しは苦労している状況がみえる。

<14時32分>
ハミルトン+メルセデスがテスト・タイヤで最速。

1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3.ペレス+レーシングポイント
4. アルボン+レッドブル・ホンダ
5. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
6. グロジャン+ハース 3.
7. ストロール+レーシングポイント
8. クビアト+アルファタウリ・ホンダ
9. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
10.リカルド+ルノー
11. サインツ+マクラーレン
12. マグヌッセン+ハース
13. フェッテル+フェラーリ
14. オコン+ルノー
15. ルクレール+フェラーリ
16. クビツァ+アルファロメオ
17. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. ノリス+マクラーレン
20. ニッサニー+ウィリアムズ

<14時37分>
トップ7が1分30秒台。

<14時45分>
1時間半のセッションが半分終わった。通常、このあたりで、チーム力が出たオーダーになる。

1. ハミルトン+メルセデス
2. ペレス+レーシングポイント
3. ボッタス+メルセデス
4. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
5. アルボン+レッドブル・ホンダ
6. ストロール+レーシングポイント
7. サインツ+マクラーレン
8. グロジャン+ハース
9. クビアト+アルファタウリ・ホンダ
10. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ

トップ7が1分30秒台。以下、15番手までが1分31秒台にひしめいている。

☆☆
初めてバーレーンGPが行なわれた2004年には、前述の砂塵問題が話題になった。ホンダは、エアクリーナーのフィルターを検討した結果、市販車のシビック用が最適であることを発見した、という。

<14時53分>
ハミルトン+メルセデスが1分29秒台に一番乗り。ボッタス+メルセデスも続いている。3位のガスリー+アルファタウリ・ホンダ以下は1分30秒台。

☆☆
レーダーに雨雲。最終コーナーから降ってくるという情報。
※雨は振らないんじゃなかったのか!!

☆☆
メルセデスの2台が1分29秒台に入っているが、去年のバーレーンGPの予選は、ルクレール+フェラーリが1分27秒866を記録している。

<15時02分>
ペレス+レーシングポイントが、1分30秒000という綺麗なタイムでメルセデスに続いている。メルセデス・エンジンがトップ3、ガスリー+アルファタウリ・ホンダが続いている。

<15時06分>
サインツ+マクラーレンがガスリー+アルファタウリ・ホンダを抜いて4番手へ。この段階でのパワーユニット・オーダーは、メルセデス-メルセデス、メルセデス、ルノー-ホンダ。

フリー走行1結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. ペレス+レーシングポイント
4. サインツ+マクラーレン
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
7. アルボン+レッドブル・ホンダ
8. オコン+ルノー
9. ストロール+レーシングポイント
10. リカルド+ルノー
11. ルクレール+フェラーリ
12. フェッテル+フェラーリ
13. クビツァ+アルファロメオ
14. グロジャン+ハース
15. マグヌッセン+ハース
16. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
17. クビアト+アルファタウリ・ホンダ
18. ノリス+マクラーレン
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. ニッサニー+ウィリアムズ

[STINGER]山口正己

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし