F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ホンダの2020最終戦アブダビGP

2020F1シーズン最終戦のF1GP第17戦アブダビGPが始まる。3月のメルボルンで開幕戦が中止になってから、紆余曲折の末、FormulaoneとFIAは、7月から12月までの5カ月半で17戦という圧縮されたスケジュールでシリーズが強行され、最終戦を迎えた。

改めて、F1GPのエネルギッシュで前向きのスタンスが思い起こされるが、最終戦の舞台は、例年と同じくアブダビのヤス・マリーナ・サーキット。今回で12回目を迎えるアブダビGPも、12月中旬開催というのは初めて。バーレーンの2連戦に続いて、中東の3連戦が2020シーズのエンディングを受け持つ。

バーレーンからアブダビは、約400㎞。移動の負担は大きくなく、開催時期が遅れた分だけ、バーレーンと同じく、気温は高くならない可能性もある。

ヤス・マリーナ・サーキットは、近代サーキットの名工ヘルマン・ティルケのデザインで、近代的な設備を備え、高速レイアウトのセクター1と2に、タイトなセクションが続くセクター3の組み合わせ。ホテルの下をくぐり抜け、ヨットハーバー沿いを駆け抜ける独特のシチュエーションを持っている。

レッドブル・レーシングは、11回のかち3勝を記録、昨年はマックス・フェルスタッペンが2位、アレクサンダー・アルボンとダニール・クビアトがポイント獲得と、ホンダのパワーユニット勢は3台がトップ10入りしている。

また、週明けの火曜日に予定されているF1ヤングドライバー・テストには、F2で3勝を挙げてランキング3位のホンダ育成ドライバーの角田裕毅や佐藤万璃音が、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダをドライブする。角田は、11月にはイモラのプライベートテストで2018年型マシンをドライブしたが、今回は、今季使用した最新のAT1をドライブする。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカル・ディレクター
「いよいよ2020年シーズンの最後となる第17戦アブダビGPが開催されます。今年のシリーズはコロナ・ウイルスの影響で開幕が遅れたことに加え、開催できるサーキットにも限りがあり、7月から12月中旬までの短い期間で多くの連戦を含む全17戦が行われることとなりました」

「開幕戦からここまで、アッと言う間に過ぎた気がします。最終戦が開催されるヤス・マリーナ・サーキットは、前半に2本の長いストレートがある一方、後半には多くの低速コーナーを持つテクニカルなコースです。3戦連続で夕暮れ後のレースになりますので、ファンのみなさんには今週もカクテルライ トを浴びながら火花をあげて走る美しいマシンの姿を楽しんでいただけるのではと思います」

「先週のザヒールGPは、さまざまな要因で我々にとって思ったような結果が出ない悔しいレースになりましたが、気持ちを切り替えていいかたちでシーズンを締めくくることができるよう、最後までチーム、ドライバーと一丸となって最終戦に臨みます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし