F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダから届いた角田F1デビューの報告

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダから届いた角田F1デビューの報告


ホンダF1レーシングは、ホンダのドライバー育成プログラム出身の角田裕毅が、2021年のFIAフォーミュラ・ワン世界選手権に、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのレギュラードライバーとして参戦決定を報告した。

2021シーズンは、ホンダのハイブリッドパワーユニットを搭載したマシンで世界最高峰の舞台に挑む。

以下、ホンダからの報告。

—-

角田選手は、Red Bullのドライバー育成プログラムであるレッドブル・ジュニアチームにも所属し、今年からF1の直下カテゴリーのF2(FIA Formula 2 Championship)にカーリンから参戦。ルーキーイヤーにもかかわらず3勝、表彰台登壇計7回、ポールポジション4回を獲得。シーズンランキング3位となり、F1参加資格のスーパーライセンスの獲得要件を満たしました。

なお、日本人がF1にレギュラードライバーとして出場するのは、2014年シーズンまで参戦していた小林可夢偉選手以来7年ぶり、Hondaのドライバー育成プログラム出身者としては2002から2008年まで参戦していた佐藤琢磨選手以来13年ぶりとなります。

角田裕毅選手
「レースの世界で戦う多くのドライバーと同じように、ボクにとってもF1ドライバーになることは、小さな頃からの夢でしたので、来年からF1の舞台でレースができることを本当にうれしく思っています」
「このような機会を与えてくれたスクーデリア・アルファタウリ、レッドブルl、ヘルムート・マルコ博士、それにボクのキャリアを長年にわたりサポートし、欧州で戦うチャンスを与えてくれたホンダにはとても感謝しています」

「また、今年F2を一緒に戦い、ボクに多くのことを教えてくれたカーリンをはじめ、これまでのキャリアで所属してきたすべてのチーム・関係者の皆さんにも、この場を借りて感謝の言葉を送ります」

「ボクが来年F1でレースをすることは、日本で応援してくれるファンの皆さんの夢を背負って戦うことでもあると思っています。みなさんと一緒にさらなる夢を叶えられるよう、これからも全力で戦っていきます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER