F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   F12021プレシーズンテスト最終日のホンダby田辺TD

NEWS

F12021プレシーズンテスト最終日のホンダby田辺TD


公式テストが終了し、Hondaパワーユニット勢は、2チーム4名のドライバーで3日間でトータル4000㎞以上を走破した。

バーレーンでのF1公式テストは、最終日も充実の内容となり、レッドブル・ホンダとアルファタウリ・ホンダが1-2タイムを記録して3締めくくった。

レッドブル・ホンダは午前セルジオ・ペレスが担当。セットアップを変化させつつマシンの挙動の理解を進め、49周を走行。セッション終盤、この日一番気温の高い時間帯の中で午前中トップの1分30秒187のベストタイムをマークした。

アルファタウリ・ホンダは、ピエール・ガスリーが午前に登場して76周を走破。走行距離を3日間で237周まで伸ばした。

最後のセッションとなった午後を担当したフェルスタッペンは、5種類用意されたタイヤの中で中間の柔らかさのC3タイヤで周回を重ね、本番のレース時間に近い日没後に、さらに柔らかいC4て1分28秒960の今回のテストの最速タイムを記録した。

アルファタウリ・ホンダの午後を担当した角田裕毅は、91周を走行して学びを深め、終盤の一番柔らかいC5タイヤでのアタックで、トップのフェルスタッペンと0.093秒差の2番手タ イムを記録して順調な仕上がりを印象付けた。

テストではラップタイムに注目が集まりがち。とはいえチームが最も重視しているのは有用なデータをどれだけ収集できるかだが、3日間24時間で、レッドブル・ホンダが369周、アルファタウリ・ホンダが422周を消化し、Hondaパワーユニット搭載車は合計791周=4281kmの走行でデータを集める充実のテストとなった。

ホンダF1レーシングは、開幕戦バーレーンGPまで2週間。テストで収拾しデータを分析し、レースに向けた準備を進める。シーズン初戦は、3月26日(金)に開幕し、28日(日)に決勝レースが行われる。

F1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター

「バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された2021年のプレシーズンテストが終了しました。3日間で、HondaのPUを搭載した2チーム合計4281kmを走行し、開幕戦に向けて中身の濃い貴重なデータ収集ができました。この3日間の中でPUに関するマイナーな問題も散見されたものの、レース本番を前に 、問題を見つけることもテストの目的です。ここまで、マシンを止めるような大きなトラブルなく2チームともに走り、予定通りにプログラムを消化することができた充実のテストとなりました」

「テストで得たデータを解析するとともに、問題点を潰し込むために、エンジニア、メカニックは忙しい時間が続きます。我々の実力が見えるのは2週間後の予選とレースの後になると思いますが、ここからの準備も最善を尽くして臨みたいと思います」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし