F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ボッタス、ROCに挑戦!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ボッタス、ROCに挑戦!!

こちらは、2018年のROサウジアラビア大会。WRCのソルベルグを破って、F1のクルサードが栄冠を手にした。

シーズンoff恒例のモータースポーツ・イベントの『レースofチャンピオンズ』。来年2月にスウェーデンで次回大会が予定されているが、エントリー1番乗りは、バルテリ・ボッタスだった!!

冬のスウェーデンといえば、雪と氷の表情イベント出あることが直感的に想像できるが、そのとおり。『レースofチャンピオンズ』は、4輪に限らず、モータースポーツ・イベントのチャンピオンを集めて行なわれる恒例行事、氷上でF1ドライバーがどんな運転を披露するのか、期待が膨らむ。

要は、“世界最高のドライバーを決める”というのがうたい文句で、見物する側だけでなく、参加者じたいが“われこそが世界一”を目指して、毎年盛り上がる。

2019年のメキシコ大会。2年ぶりの待ちに待ったROC。

これまで“その気”になったのは、現役F1ドライバーでは、セバスチャン・フェッテル、ピエール・ガスリー、ランド・ノリス、ミック・シューマッハ、ダニエル・リカルド。その前に、ミハエル・シューマッハ、ジェンソン・バトン、デビッド・クルサード、フェリペ・マッサなどが参加して大会を盛り上げている。

F1だけでなく、ルマン24時間で11勝している伝説のトム・クリステンセン、NASCARチャンピオンのジミー・ジョンソンやジェフ・ゴードン、カイル・ブッシュ、インディカーの、ジョセフ・ニューガーデン、ライアン・ハンター・レイが参加し、さらにWRCから、セバスチャン・ローブ、ペター・ソルベルグ、セバスチャン・オジェも“その気”になった”メンバーだ。ここにバルテリ・ボッタスが加わる。

ボッタスはROCのルーキー。メルセデスからアルファロメオに移籍を決めた区切りのシーズンオフに思い出の一コマを加えるつもりだ。

「長年テレビでイベントを見ていて、ようやく参加できる」とボッタス。

「出場できることを本当に楽しみにしている」と目を輝かせた。

「今年のイベントが雪と氷の上で開催されることで、ということで、さらに興味が加速されます。ボクは、これまで数回出場したアークティックラリーの経験が役立つといいと思っています。スウェーデンとノルウェーや北欧の仲間を中心に激しい闘いを展開して、個人の優勝(ROC)と国ごとの勝利(ROCネイションズカップ)の両方でフィンランドの勝利を目指します!!」

コロナ禍の影響で久々になるレースofチャンピオンズが、初めて氷上に舞台を移したことと、ボッタスの参加で、また一段、注目を高めた。

【STINGER】
photo by MERCEDES F1 TEAM

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER