F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   レッドブル、2025年までホンダ・エンジン技術の継承契約に同意

NEWS

レッドブル、2025年までホンダ・エンジン技術の継承契約に同意

ホンダは2021年一杯でのF1活動を休止を宣言しているが、パワーユニットの供給を受けているレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリは、来シーズンから2024年まで、ホンダのパワーユニットを継続して使用すると、formulaone.comが伝えた。

一時、レッドブルがルノーに戻るのではないかとの噂もあったが、レッドブル・レーシングは、ホンダからノウハウを引き継ぎ、ミルトンキーンズの本拠地に隣接する新たにパワーユニットの開発を推進する“Red Bull Powertrains Limited”を準備し、ホンダ・パワーを継続することになった。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、「慎重な検討の上で、この形に行き着いた」として、次のように続けた。

「このテーマについてホンダとしっかり話し合い、FIAの決定(2022年からパワーユニットの開発を凍結)に基づいて、ホンダのハイブリッド・パワーユニットの継続使用の合意に達した」。

「この流れに対して、ホンダのコラボレーションと、レッドブルレーシングとスクーデリアアルファタウリともに競争力あるパワーユニットを継続できるようになったことに感謝する」

「RedBullPowertrains Limitedの設立は、レッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリの2チームにとって、最も競争力のある決定だと信じている」

また、レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーCEOは、「この合意は、レッドブルにとっての重要な一歩です。ホンダがエンジンメーカーとして活動終了を決定したとき、当然のことながら失望しましたが、新たな合意を実現できた彼らのサポートに感謝しています」とホンダ・パワーユニット継承に期待を寄せている。

新たな世代に入るホンダのパワーユニットの行方が気になる。

[STINGER]山口正己
photo by REDBULL

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし