F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   “Same same, but different” 「 同じ同じ、でも違う」

NEWS

“Same same, but different” 「 同じ同じ、でも違う」

2020のRB16と2021年のRB16B。どっちがどっち!?
※間違い探しもどうぞ。

レッドブルの2021モデル“RB16B”が公表された。2020年の“RB16”と比較しても見分けがつかない。レッドブル自体、「same but difarent」 「同じ、でも違う」と煙に巻くコメント。

確かに、よく見比べると、下の写真はフロントウィング先端に文字はなく、車体中央部分に白抜きで“ASTON MARTIN”と入っている。エンジンカウルの“HONDA”のロゴの違いから、カウルの形状が違うらしいことがなんとなく分かる。しかし、形状の違いは見当たらない。

ここでひとつ、想像力を膨らませてみる。

2021年のF1車両規則は、2020年から大きな変化はなく、変更できるところといえば、フロント部分しかない。つまり、他チームも、ライバルがそのフロント部分をどう変更しているかを、目をランランとして観察しているはず。アドリアン・ニューウェイが、その大事な部分をこの時期に見せるだろうか。答えは“NO!!”だ。

つまり、RB16と称している写真のマシンは、少なくともフロント部分は去年のタイプということになる。となれば、大きく変更できるのはフロント部分だけなので、去年と一緒なのは当然の既決、ということになる。

フェラーリは、最も遅いタイミングで2021用マシンを公開する。その狙いは、正式な形を見せたくないから!?

いずれにしても、開幕前から、2021年F1は面白い。

[STINGER]山口正己
photo by REDBULL

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし