F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ゴードン・マーレイ『T.50sニキ・ラウダ』登場!!

NEWS

ゴードン・マーレイ『T.50sニキ・ラウダ』登場!!

 

ゴードン・マーレイ・デザインのニューカーが披露された。その名も、『T.50sニキ・ラウダ』。

「ニキとは、とてもいい友達だったし、尊敬すべきドライバーだということもあって、彼にちなんでこの名前にしました」とマーレイは笑顔でコメントした。

マーレイとラウダは、『T.50sニキ・ラウダ』の大きな特徴のひとつであるリヤの空気排出スクリューを持つ“ファンカー”のアイデアのベースとなったブラバムF1の『BT46b』(→)にラウダが乗ったこともあり、オレンジのカラーリングも、ラウダのヘルメットを踏襲して採用されている。

また、マーレイのこだわりは、「美しいエンジンを見てもらうのも大きな要素」として、カバーでエンジンが見えない最近のスーパーカーの流れに逆らったもの。そのエンジンは、市販車がベルト駆動が常識になっているのに対して、ロスを最小限にするためにF1が採用しているギヤ駆動を採用するなど、徹頭徹尾F1 Qualityだ。

空力的にも洗練され、リヤビューミラーはポケット付きで、極限まで空気抵抗を抑え、抵抗がほぼゼロ。当然、リヤウィングの効率を妨げないデザインが与えられている。

シートはセンター。小さなパッセンジャーシートが、左側に着いている。

重量は、ベースとなったT50の986kgに対して852kgと、極限まで軽量化が進められた。

『T.50sニキ・ラウダ』は、25台だけが生産され、シャシー番号ではなく、1台ごとに、マーレイが記憶に残る25のサーキットの名前がつけられる。

ちなみに、発表が行なわれた2月22日は、ニキ・ラウダの誕生日。総てが完璧な計算の上で、ロマンチックな演出で公開された。

[STINGER]山口正己
photo by Gordon Murray Design

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし