F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ペレス、“独特な”レッドブルの特性を掌握!!

NEWS

ペレス、“独特な”レッドブルの特性を掌握!!

レッドブル・ファミリー入りしたペレス。左から、ペレス、フェルスタッペン、アルボン、ホナー代表、デザイナーのニューウェイ。

26日にシルバーストン・サーキットで行なわれた“フィルミングデー”で、レッドブル入りしたセルジオ・ペレスは、初めてサーキットを走ったレッドブルRB16Bの特性を、1日で掌握したと、自信のコメントを伝えた。

まず、レッドブルが、これまで乗ってきたザウバー、マクラーレン、フォースインディア(レーシングポイント)とは違う動きをすること。その理由は、レッドブルが、空力的な考え方から、フロントを低くリヤを高い姿勢にしていることから、フロントのグリップが高くステアリングの応答性は優れているが、リヤが軽くなる方向のため、シビアになること。

アレキサンダー・アルボンやピエール・ガスリーが最初苦戦したのは、それが理由と考えられるが、その特性は、マックス・フェルスタッペンが証明しているように、使いこなせば武器になる。

ペレスは、「4~5レースあれば、感覚をつかめる」と言った。このコメントから、フィルミングデーは、タイヤも違い、条件が限られた中でマシンの特性をつかみ、“4~5レース”と期間を決めたことから、ペレスが、昨年のバーレーンGPでの優勝で自信を着けたことと、初めてのトップ・チーム入りに夢を馳せていることが分かる。

セルジオ・ペレスが2021年の台風の目になることは間違いなさそうだ。

[STINGER]山口正己
photo by REDBULL

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし