F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

F1合同テスト始まる

まずはマクラーレンに移籍したリカルドがダッシュを決めた。

開幕戦バーレーンGPの会場ザヒール・サーキットで開幕直前テストが始まった。

午前の走行を前に砂漠特有の砂嵐に見舞われたが、セッション開始前に風は静まり、走行に支障はなかった。

午前中をリードしたのは、マクラーレンに移籍したダニエル・リカルド。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリーが2番手。3番手にフェルスタッペン+レッドブル・ホンダが着け、挑戦最終シーズンを迎えるホンダは、まずまずのスタートを切った。

ウィリアムズが、サードドライバー契約のロイ・ニッサニーにマシンを委ねた以外の9チームは、全て正ドライバーがシートに納まった。同じくルーキーとしてF1をデビューしたハースのミック・シューマッハは、キミ・ライコネンが63周を走行した中で、15周だけに留まった。

王者メルセデスはバルテリ・ボッタスが初日の午前中を担当したが、走行は6周のみ。これは余裕なのかそれともトラブルなのか、タイムもミック・シューマッハと同じ1分36秒台と低調だった。

角田裕毅は、午後にピエール・ガスリーからステアリングを引き継ぎ、AT02で初めてライバルと同じ土俵で走行する。

【STINGER】
photo by McLaren

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし